スチームファースト公式サイト

スチームクリーナー選びの5つのポイント

 

スチームクリーナーを購入する際にしっかりと各製品を比べてから一番自分にあったものを選びたいと思いませんか? ここでは有名で人気のあるスチームクリーナーを「汎用性」「価格」「威力」「デザイン」「お手入れのしやすさ」の5つの観点から採点しました。

 

スチームクリーナーは魅力的な商品ですが、人によっては実際あんまり使わない…ということにもなりかねない商品です。 「スチームクリーナーは自分の生活に本当に必要なのか。」「一体どのスチームクリーナーが一番使えるのか。」を考えながら一番を決めていきたいと思います。

 

今回比べるのは、比較的有名で多くの方が名前を知っているスチームクリーナーです。

  • テレビCMでの露出が多く、知名度が高い「シャークスチームクリーナー」。
  • スチームよりも、優れた水圧洗浄機のイメージで定評のある「ケルヒャースチームクリーナー」。
  • 家庭で使うあらゆるものを幅広く販売している「アイリスオーヤマのスチームクリーナー」。
  • 最近通販サイトで人気の高い「スチームファースト」。

※上記の4点をランキング順にご紹介します。

 

漫画で分かるスチームクリーナー弱点

 

スチームファースト

24ポイント

スチームファースト

4つのスチームクリーナーの中でもっとも高得点となったのはスチームファーストでした。 汎用性、威力についてはケルヒャースチームクリーナーと同じように、ボイラー式の発熱で高温のスチームを維持出来る仕様であり、キャニスター式なので家のどこでも簡単にお掃除が出来ます。加えて一度の給水で45分稼動できるというのも頭一つ飛びぬけています。

 

性能はケルヒャーに引けをとらない上、付属品もはじめから豊富にセットで付いています。価格はお手頃感があります。付属品が比較的安いので、買い足しも問題なし、またレビューを書くことでカルキ除去剤を無料でプレゼントというキャンペーンも嬉しいところです。

 

デザインについては無骨なところがなく柔らかい印象ですが、その分ガレージや物置に置いておく想像をするとあまり似合わないかもしれないと思ったので少し評価を下げました。

 

>>スチームファースト使用体験談

 

スチームファースト

 

スチームファースト公式サイト

 

 

ケルヒャースチームクリーナー

22ポイント

 

ケルヒャースチームクリーナー

ガレージや物置に置いておいても邪魔にならず、どんなスペースにも溶け込むデザインは気に入る方も多いです。 キャニスター式なので、ハンディタイプのように両手が塞がる心配もありません。床はもちろん、高い場所でもどこでも、片手にスチーム、片手に雑きんというスタイルでお使いいただけます。

 

汎用性は高いのですが、実力を活かしきるためのオプションが少し高額という印象があります。最低限の付属品で良いならば安価に購入出来ますが、これを充実させようとすると高価な買い物になります。

 

価格のせいでせっかくの汎用性を活かせない部分があるのでその部分は低評価。付属品が高価なのでそれらのメンテナンスや買い足しがネックに。しかしノズルのつまりやボイラーの湯垢取りに使うカルキ除去剤は比較的お手頃です。本体の手入れが行き届かず故障ということは少ないでしょう。

 

 

 

アイリスオーヤマのスチームクリーナー

20ポイント

 

アイリスオーヤマのスチームクリーナー

家電、家具等の量販店として有名なアイリスオーヤマなだけあって、スチームクリーナーの種類も豊富です。お値段や使用用途に合わせて選べるものが多く価格で選べるので価格は高評価にしました。

 

汎用性に富むキャニスタータイプのものもありますが、本体やホースが重い、スイッチを押し続けながらの作業が辛いという声が多いようでしたので、汎用性、デザイン共に評価を下げました。また、長時間使用したい人向けのキャニスタータイプは連続使用時間35分ということですが、次項のスチームファーストは45分連続使用できることからも汎用性のポイントを落としました。

 

疲労が溜まるからか威力が低いからか、期待ほどの効果はなかったという声もありました。 しかしこれは汚れの種類、使い方、クリーナーの種類にもよりますから鵜呑みにするのもどうかなというところ。 印象としては少しチープに見えます。頑健さがない割りに重いというのはマイナスポイントとしました。

 

 

 

シャークスチームクリーナー

 19ポイント

 

シャークスチームクリーナー

シャークのスチームクリーナーはハンディタイプのものが有名です。スティックタイプのものありますが「一方は床に使えない」「一方は床しか使えない」ということで汎用性には乏しいと言わざるを得ません。

 

また、思ったようにピカピカになる訳ではない、水が減ってくると洗浄力が落ちているのが分かる、スチームもそれほど熱いとは思えない、という声もあるようで、肝心の洗浄力、殺菌力に疑問あり。給水の回数も頻繁になってしまうことから、汎用性、威力については3点という評価になりました。

 

お値段については、もっと安いスチームクリーナーはあるけれど、付属品の充実度と割引されている感が強くお得な印象なので高評価にしました。

 

シャーク

 

おすすめはスチームファーストです。

 

スチームクリーナーの購入でまよっているならスチームファーストの使用体験談が参考になります。

 

スチームクリーナー

 

スチームファーストでキッチン丸洗い!スチーム洗浄機で本当に掃除は楽になるのか。

スチーム洗浄機と言えばここだろうとキッチン掃除をやってみました。果たして本当にキッチン掃除が楽にできるのでしょうか。

スチームファーストの小手調べ

五徳
すいません、五徳はそもそもあんまり汚れてなかったし、ちょっと擦ったら綺麗になってしまったものだから、スチームファーストの出る幕なしでした(笑)!

 

一応スチームファーストでもやってみたんだけど、もともとの汚れがそんなでもないからまあ普通に綺麗になるよねという感想。あまり面白くなかったので割愛。

 

 

 

電子レンジ

 

これはほんとちょっと悩んでたところだったんです。

 

 

 

前にグラタン作ったとき、オーブンで加熱するとレンジ内に黒い焦げ跡みたいなのが付いてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多分普段飛んでる油とかがオーブンでじっくり加熱されることによってこうなったんだと思うんだけど、そんなだからまあすぐ取れるだろうと思って擦ってみてもあんまり落ちない!

 

 

こういうときこそのスチームファーストです。

 

スチームファーストは100度以上の高温スチームで汚れを浮かせて落とすすごいヤツですからね。

 

手で擦って取りにくいのは、スチームファーストに任せておけばいいんです。

 

 

 

 

 

で、スチームを当てながら擦りたいから、こういう、ハードスポンジっていうアタッチメントを装着。

 

 

 

これ実は使った後の写真だからスポンジ面汚れちゃってるしちょっと潰れちゃったので微妙に斜に構えたヤツを。

 

 

 

ハードスポンジって言っても結構脆いかも…。

 

 

 

 

 

でもこのハードスポンジで擦ると面白いくらいによく取れます。

 

手でやってたらすごい大変だっただろうところを、スチームの力を使えばほとんど力もいらないし(つい力入れちゃってスポンジの形変わったけど)、モノの数分で綺麗になりました。
あと洗剤の類も必要ありませんでした。

 

 

奥の方は角度的に掃除しにくかったのでもうこれくらいでいいやってあきらめた跡です。

 

スチームファーストの真骨頂(メインコンテンツ)

 

レンジフードのフィルター

 

こういうフィルター系って、掃除したくても汚れに届かないっていうところが一番の問題点なんですよね。

 

 

こういう細かいのだったら歯ブラシとか使って掃除する人もいると思うんだけど、なかなかうまくいかない。

 

こんな風にすぐにダメになっちゃいます。

 

これにもスチームファーストが役に立つはず。

 

スチームだから届かないってことはないし、直接汚れに触れなくて済むからかなり順調に掃除できるのではないでしょうか。

 

でもこれが大変だった。

 

 

大変ポイントを挙げると
① こびりついてる油の量がすごい
② 細かい網目状になってるので取りにくい
③ スチームファーストの限界

 

これらを乗り越えなければならなかった。

 

まずどれだけ汚れてるかの写真をご覧ください

 

こびりついた繊維質のものは、フィルターの上にかけてあった油を吸い取るフィルターのものです。溝に油がこびりついてる。

 

この時点では、まあスチームファーストの高温なら余裕で浮かせて溶かして解決でしょと思ってたんです。

 

で、実際こんな風に高温スチームと水圧で油は吹き飛びます。

 

でも、この写真すごい取れてるように見えるけど、実はまだまだ。本当に表面のが取れただけで、まだ素手で触るのは抵抗あるなという感じ。

 

しつこくこびりついた油とか溝に入りこんでる油は浮かせるには浮かせるんですけど、こう油が高温で溶けながら移動するものの、移動した先で固まるっていう…。

 

スチームを近づけて噴射すると熱で油が浮きあがってくるのですが、油が逃げていくだけ。行く先で固まります。

 

固まったところに狙いを定めたら拡散してまたそれぞれ固まるっていう、不毛な争いを繰り広げました。すぐ拭けばいいんだろうけど、どれだけ小まめに拭き取らなきゃならないのって。これじゃ全然楽じゃないよと。

 

溝の油も浮いて押しやれるんだけど、逃げて逃げてキリがない。

 

所詮これがスチームファーストの限界かとがっかりしました。

 

しかし、スチームファーストにこのような口コミがあることは先刻承知済みです。

 

なぜならレビューに書いてあったから!

 

ああこれか、このことを言っていたのかあのレビュワーはと思いました。

 

その解決策として、スチームファーストは天然植物成分で作ったお肌に優しい専用の洗剤「スチームマジック」をサービスしてくれているのです。

こいつで頑固な油汚れも浮かせて落としやすくなる、ということで、万遍なくかけました。

 

そしたら、分かりますでしょうか。

 

スチームマジックの泡が油汚れを分解して落としてくれてる。
かけておくだけで随分落ちるようです。

 

このように洗浄力を確かめながら数分置いて、もう一度スチームを噴射したのですが、正直それでも、スチームマジック使うことで威力倍増!という感じではないです。

 

使わないよりマシだけど、この網の形状ということもあり、スチームマジック後でもやはり高温で溶けた油は他のところに移動してしまうんですよね。

 

網だからこちら側でキレイになったと思っても裏側見たらべっとり。

 

これをふき取りふき取りしてれば綺麗にはなるんだけど、いまいち楽じゃない。

 

問題は、溶けて浮いた油が水圧で逃げてしまうところにあります。油は落ちるには落ちるのです。

 

だから私はこうしました。

布切れをかける。スチームマジックも。

 

上に布かけて、その上から噴射するのです。

そのとき、ナイロンブラシのアタッチメントを付けて、布の上から優しくゴリゴリします。溝に布を食い込ませる感じで。

 

スチームファーストは熱がポイントな訳ですから、布一枚挟んだくらいでは威力は落ちません。落とす傍から布が油汚れを吸ってくれるから、油との追いかけっこをしなくても済む。

 

するとこう。

網目にそって油が取れています。でもやっぱり裏側にちょっと移動してる油はあるから、両面気が済むまでやる。

 

これは普通にスチーム噴射して、その上スチームマジックを使って、ある程度油落ちただろうという段階からの汚れです。こんなに取れてなかった。逃していた油があったということ。

 

これが他の油落とし洗剤とか道具とかに頼らずに、スチームファーストでレンジフードのフィルターを掃除する一番楽で効率的な方法でしょう。実は他にも色々試したけど、これが一番楽でした。

 

表側。

触ってもベタベタはしない。よくみたら小さなカスとかはまだついてるけど、これくらいでいいだろう。

 

裏側。

やはりまだちょっと細かいカスとかついてるけど、これくらいで。

 

 

あ、ちなみに、スチームファーストにはナイロンブラシの他に、真鍮?ハリガネのような固いブラシのアタッチメントがついてくるんだけど、そっちの方がゴリゴリ食い込んでよくとれるのかもしれないと思うじゃないですか。

こういうヤツ。本当にガンコなものに使うようのアタッチメントです。

 

こうなりました。分かるでしょうか。すごい取れたけど一緒に塗装も禿げてしまったのです。

 

こういうものの場合はナイロンブラシの方を使いましょう。

 

スチームファースト油移動させるだけで使えないな…と思う人も実際多いと思います。でもスチームクリーナーの特徴は汚れを「熱で浮かす」ことです。いかに浮いた汚れを逃さないかを考えると使い勝手がよくなります。

 

 

余ったスチームでできること

床掃除

 

家のキッチンの床はこんな感じ。

リノリウム?みたいな素材で、古いし、けっこうベタベタします。そして勝手口からの出入りは家の場合多いので汚れやすいフロアでもあります。

 

こういう床は、床拭きパッドアタッチメントをつけます。付け方は簡単で、こういう感じに配置して…

 

乗っけるだけ。マジックテープみたいになってて、乗せるだけでペタリと付きます。

 

そして床をスーッと掃除機をかけるみたいに掃除する。

 

えっ?こんなに汚れてたの?ちょっとゾッとしました。写真載せるのちょっと恥ずかしい。

 

でも先ほども言ったとおり、ここから庭に出てなんちゃらしてという感じで汚れは持ちこみやすいフロアなんです。言い分けになるか分からないけど。
いや多分皆さんの家のフロアも思ってる以上に汚れてるはず!

 

冷蔵庫

 

残ったスチームだから、冷蔵庫はそんなにちゃんと掃除するつもりはありません。

 

満タンに水入れて45分くらい持つというから、多分ほんとあと残り少しのはず。5分とかで使えなくなるんじゃないかなという段階。

 

でも冷蔵庫って意外に取手のところとか、手が直接触れるところって汚いんですよね。この冷蔵庫も古いしかなり汚れてるはずなんだけど中まで掃除する時間はない。表面だけサッと掃除しましょう。

 

高温のスチームで消毒になるっていうし。

 

取手とかの消毒は絵的に地味だから写真はないけど、ここでお見せしたいのはちょっと汚れが気になって興味本位でスチームを当ててしまった冷蔵庫のパーツ間の溝です。

こんな感じでスチームを当てると…

 

 

ジワーっと出てくる汚れ。これは気持ち悪い。こんなに汚れてたのかと。別にこんなところ、汚れてたところで大きな問題はないけど、こんなに溜まってるって思うと嫌ですよね。

 

しかもこんなとこ普通掃除できないですよ。

 

これはちょっと冷蔵庫も本格的に掃除しないとダメかなと思ったくらいのとき、タイムリミットの45分が来ました。スチームがなくなっていきます。

 

スチームファーストでキッチンの掃除は楽になるのか

 

スチームファーストでキッチンの掃除は楽になるのか。結論から言えばめちゃくちゃ疲れました(笑)。

 

汚れ具合とかによるとは思うけど、でも一時間足らずで五徳、電子レンジ、レンジフードのフィルター、床、冷蔵庫と掃除できたんだから、これはけっこうすごいんじゃないかなと。

 

スチームクリーナーって通販番組だとけっこうスイスイ掃除してますよね。

 

こんなこと言うのも無粋だけど、あれって掃除のために付けた新鮮な油汚れですよ絶対。だから落ちる。

 

本当に長年こびりついた油は、スチームファーストのような高温の洗浄機でも掃除するのはなかなか大変で、工夫が必要でした。

 

でも要領さえ覚えたら、ものすごく効率良く掃除できることは間違いないんじゃないでしょうか。

 

あと、45分リミットって丁度いいなと思いました。

 

集中力持つのなんて45分が限界だって言うけど、限られた時間しかスチーム出ないから、次!次!って感じで掃除できる。

 

洗浄力は思ったより劇的で感動という訳ではないけれど、掃除のモチベーションは上がるし、アタッチメントとか小物を上手に使うことでかなり掃除は楽になると言えるでしょう。


スチームクリーナー