スチームクリーナー タバコ

スチームクリーナーでタバコのヤニを落とせると言うけど…


タバコのヤニは、家中の至る所にこびり付くそうです。だから、喫煙者が1人いるだけで、家中がタバコ臭くなってしまうんですね。

 

そうかと言って、タバコのヤニはベトベトしてとても落ちにくいため、ゴシゴシ擦って掃除するのにも限界があるみたいです。

 

そのため、タバコのヤニはもうどうしようもない、という風潮が従来は主流だったそうですが、最近では、その悩みを解決してくれる掃除具があります。

 

それは、スチームクリーナー。確かに、スチームクリーナーは、高温の蒸気で汚れを浮かすことで、格段に落としやすくしてくれると聞きますが、タバコのヤニにも同等の洗浄効果を期待できるんですね。

 

しかし、家中全てのヤニをスチームクリーナーで除去することは、残念ながらできないそうです。

 

なぜなら、材質の関係上、スチームクリーナーを使えない部分もあるからです。具体的には、壁紙やプラスチックが挙げられます。

 

なんでも、壁紙は湿気に弱い関係上、スチームクリーナーを使えばカビが生えたり剥がれたりしてしまうのだとか。

 

また、プラスチックだと熱に弱いため、変形する危険性が高いみたいです。そのため、スチームクリーナーで落とせるヤニは、フローリングなどの湿気に強い部分にこびり付いたものに限られるとのことでした。

 

スチームクリーナーを使える材質は限られる!?

 

スチームクリーナーがあれば家中の掃除ができてしまう、という宣伝文句をよく見ますが、実際はそう単純な話ではないそうです。

 

つまり、スチームクリーナーで掃除できない場所というのがあるんですね。それは、湿気に弱い材質が使われている場所です。

 

具体的には、壁紙が主に挙げられるそうです。

 

そのため、もしスチームクリーナーを壁紙掃除に使うと、汚れが落ちることには落ちるのですが、カビが生えやすくなったり、糊がスチームで弱くなるせいで剥がれやすくなったりするのだとか。

 

となると、壁紙にこびり付いたタバコのヤニや、子供の落書きとかは、スチームクリーナーで落せないんですね。

 

壁紙の汚れは、自分で掃除するとなると、ゴシゴシ擦らなければいけなくて大変な分、スチームクリーナーがあれば楽にできるのかな、と希望を抱いていたので、これは残念です。

 

ちなみに、布類にスチームクリーナーは使わない方が良いと思っている人も多いそうですが、実際はそれも大丈夫みたいです。

 

なぜなら、スチームクリーナーから出る蒸気は100度もする関係上、ビショビショになる前にすぐ蒸発するため、軽く乾かすだけで良いからです。

 

となると、スチームクリーナーは、宣伝文句とまではいかなくても、基本的には家中の掃除に使えそうですね。

 

スチームクリーナーで虫退治!

 

家の中にも、目には見えないだけで、たくさんの虫が潜んでいます。

 

困るのは、ノミやダニ、あとはシラミでしょうか。目に見えないくらい小さいのに、ダメージは地味にありますから、定期的な駆除を心がけるのが望ましいそうです。

 

そうじゃないと、卵をどんどん生まれて、みるみる増えるみたいですから。

 

ただ、掃除機を使っても全部が吸い取れる訳ではありませんし、成虫以上に卵は中々にしぶといと聞きます。そうかと言って、家中を熱湯消毒する訳にもいきません。

 

となると、ノミなどを退治するには、どうすれば良いのでしょうか?なんだか、定期的に掃除機をかけて、一時凌ぎを繰り返すしかないようにも思えます。

 

しかし、意外な掃除道具が駆除に使えると分かりました。

 

それは、スチームクリーナー。スチームクリーナーと言えば、蒸気によって汚れを浮かせて掃除してくれるというイメージですが、なぜ虫退治にも使えるのでしょうか?

 

詳しく調べたところ、ノミなどの虫は、熱にとても弱いからだと分かりました。

 

つまり、スチームクリーナーの蒸気は、100度もの高温を誇るため、それを噴射されようものならノミ達は堪ったものじゃないんですね。

 

そしてそれは、成虫よりも厄介と言われる卵も同じとのことでした。