スチームクリーナーの構造

スチームクリーナーの構造ってどうなってるの?


最近になって人気が出てきているスチームクリーナー、しかしながらこれについて漠然と分かっている方は多くとも、どういうものか、構造や使い方などを詳しく知っている方はまだまだ少ないはずです。

 

実際に使用されている人もまだ多くはなく、しかしながら魅力的なこの商品について知れば、自分も使ってみたいと思うはずです。

 

最近人気となっているスチームクリーナーですが、スティックタイプで床を掃除するタイプの商品の他に、小型で持ち運びがしやすく軽くなっているタイプの商品も販売されるようになってきています。

 

こういった小さめのスチームクリーナーは、壁などの高い場所の他、蛇口などの細かい場所にも使用することができるというメリットがありますので、小さめのタイプも購入するという人も増えてきています。

 

床を掃除するスティックタイプの商品だと、蛇口などの細かい場所の掃除が出来ないため、小さめのタイプを購入するという人が多くなってきているのです。

 

小さめのクリーナーだと、持ち運びも楽なので、洗面所やお風呂場などにも持って行きやすいというメリットもあるのです。

 

油汚れが気になってしまうキッチンにも持って行きやすく、小回りもききますので、排水溝や換気扇のパーツなどの細かい場所の掃除にはとてもおすすめなのです。

 

大きなクリーナーでは持ち運ぶこともとても大変ですし、重たいので掃除をしている間に腕が疲れてしまうということがありますが、

 

小型の物だと重さもそれほど重たくないので、天井や換気扇など上の方にある場所でも掃除がしやすいというメリットもあるのです。

 

 

ここまで綺麗になる!スチームクリーナーの効果ってどれくらい?

 

家庭でもプロ並の掃除が出来るとテレビ通販やインターネットで人気を博しているスチームクリーナーですが、どの程度効果があるのか半信半疑の人も多いでしょう。

 

スチームクリーナーの凄いところは高温のスチームを出すことで頑固な汚れも浮かび上がらせることが出来て、しつこい汚れもきれいにすることが出来るのです。

 

非常に高温のスチームが出てくるため、カビの菌糸を取り除いたり除菌効果を得ることにも活用出来るでしょう。

 

そのため、頑固な汚れがこびりついたキッチンやガスレンジに使用したり、丸洗いが難しい布製ソファやマットレス、ペット用ベッド、車内のシートに風呂場の黒カビなど、幅広い用途に用いることが出来るでしょう。

 

大きいサイズでフローリングの掃除に用いることが出来るタイプもあれば、ハンディサイズでどこでも気軽に掃除できるようなタイプもあります。

 

特に女性は重たい本体を持ち歩くと体に負担を感じることも多いため、実店舗で購入する時は必ず実物を確認してから購入しましょう。

 

通販の場合は商品説明を確認し、出来れば実物を確認後に気軽に返品できるような会社を選んで購入すると安心です。

 

スチームクリーナーを使って汚れを落とした後はスチームの影響で湿度が高くなるため、換気をして湿度を低くするように心がけましょう。

 

 

スチームクリーナーは使い勝手が良い

 

スチームクリーナーの特性を活かそう!そう思った場合には目に見えている酷い汚れにだけ使用する、というのは勿体無いです。

 

しつこい油汚れに対しては効果てきめんですが、重要なことはスチームをあてて乾拭きをするだけであっても、布巾で拭くだけでは落とすことができないヌルヌルも落とすことができる、ということです。

 

窓の拭き掃除においても、細かいスチームで掃除をしますので、水滴の跡や洗剤の跡なども残すことなく掃除をすることができます。

 

これは窓ふきにおける手間をかなり軽減することができます。

 

布製品の脱臭に使用することはもちろんですが、細かな蒸気というのはシワ取りにおいても最適です。

 

床も簡単に拭き掃除が終わりますし、車であれも車内も車外もまとめて使用することができます。

 

スチームクリーナーをより使いこなすのであれば、頑固な汚れだけでなく、目に見えない汚れにも使用しましょう。

 

油汚れ、水垢、菌類に対してスチームクリーナーを使用することで、より清潔な状態を維持することができるようになります。

 

スチームクリーナーは頑固な汚れにしか使用できない。

 

そのように思われている方は多いのですが、それではスチームクリーナーを使いこなしているとはいえませんよ。