スチームクリーナー バイク洗車

スチームクリーナーはバイク洗車にも!

 

バイクを洗うとなると、ホースで水をかけて拭くという方法が一般的だと思います。しかし、実際その方法で落ちるのは、表面の埃や泥くらいだそうです。そのため、洗った後でもよく見ると、バイク塗装部分の表面はうっすらと白っぽく濁っているそうです。ちなみに、この白い汚れは、布で拭いても中々落ちないとかで。

 

なぜなら、水垢だからです。水が原因の汚れなのに、なぜこんなに頑固なのか不思議に感じる人も多いと思います。そこで調べてみると、水にはカルシウムやマグネシウム、ケイ素といったミネラル成分が含まれていると分かりました。

 

そして、それらの成分は乾燥することで、頑固にこびり付いてしまうそうです。だから、多少拭く程度ではまず落ちないんですね。しかし、そうかと言ってゴシゴシ擦ろうものなら、せっかくのバイクの塗装に傷を付けかねません。そこで、意外と使えるのがスチームクリーナーだそうです。

 

具体的には、スチームクリーナーの出す約100度もの高温蒸気は、頑固にこびり付いた水垢の下にも入り込んで、簡単に浮かせてくれるみたいです。また、高温蒸気には洗剤の洗浄力を高める効果もあるため、洗剤を先に塗って上からスチームクリーナーをかければより確実とのことでした。

 

 

バイク掃除にはスチームクリーナー! スチームクリーナー バイク

 

バイク掃除は、水をかけて軽く拭く程度で済ませる人も多いと思います。車と違って大きさも限られている関係上、水をかけて拭くのも十分人力で可能ですから。しかし、ちゃんと水を拭き取るまでしたのに、よく見るとバイクの塗装部分に白い斑点状の汚れがビッシリ残っていたということは、よくあるみたいです。

 

なぜ、水をかけてちゃんと拭いたのに、そんな汚れが残るのでしょうか?どうやら、その白い斑点状の汚れが、水垢だからみたいです。水垢とは、単なる水の汚れのようにも思えますが、実際は水分中に含まれているケイ素やマグネシウム、カルシウム等のミネラル成分が蒸発してこびり付いた汚れといった方が正確みたいです。

 

そのため、少し拭いたり擦ったりする程度では、まず落ちないのだとか。そこで使えるのが、スチームクリーナーだそうです。油汚れやカビ汚れの掃除で多用されるスチームクリーナーですが、噴射される約100度もの高温蒸気はどんな汚れもすいすいと浮かせてくれるため、水垢に使うと格段に拭き取りやすくなるみたいです。

 

これなら、ゴシゴシ拭いてバイクの塗装面に傷を付ける心配も無いですね。しかし、高温蒸気でも一部は水分に戻るため、スチームクリーナー使用後は念入りに乾拭きすべきとのことでした。

 

 

 

スチームクリーナーはバイク掃除にも! スチームクリーナー バイク掃除

 

バイク掃除を自力でやるのは、意外と大変みたいです。ざっと水をかけて念入りに拭けば終わりのようにも思えますが、それだと表面上の埃や泥が落ちる程度とかで。そのため、近くでよく見ると、バイクの塗装部分は白い斑点状の汚れで未だ埋め尽くされているそうです。

 

では、その白い斑点状の汚れの正体は何なのかと言うと…水垢みたいです。雨や水たまりに当たった際についた水滴が原因の汚れですね。となると、水で洗い流せば除去できるようにも思えますが、実際はそう簡単ではないそうです。なぜなら、水分中のケイ素等のミネラル成分が、乾燥する中で頑固にこびり付いてしまうからです。

 

そこで良いのが、スチームクリーナーです。スチームクリーナーは、水から生成した蒸気を使う掃除用具ですから、逆に水垢を悪化させてしまうようにも思えますが、実際は水垢をすいすいと浮かせてくれるみたいです。なんでも、100度にも達する高温蒸気が、どんな頑固な汚れの下にも潜り込むとかで。

 

そのため、後は軽く拭う程度で、バイクの水垢汚れも簡単に落ちるそうです。これなら、強く拭いたり擦ったりしてバイクの塗装面を傷付けることも無い分、安心ですね。スチームクリーナーと言えば、台所やお風呂場の掃除に使うイメージだったので、このようにバイク掃除にも使えるとは意外でした。

 

スチームクリーナーはバイク洗車にも!記事一覧

スチームクリーナーで徹底除菌をスチームクリーナーを使用して家の掃除をするようになると、クイックルハンドワイパー等を使用し...

スチームクリーナーのメリットやデメリットについてスチームクリーナーにはメリットもありますし、デメリットもあります。使用す...