スチームクリーナーは油汚れに強い?


スチームクリーナーから出てくる蒸気の温度は大体75度から100度です。

 

この高温のスチームを汚れた場所に吹きつけることによって、ブラシではなかなか落ちないよね汚れも効率よく落とすことができます。

 

スチームクリーナーを使用する場合に最もオススメなのは油汚れに対してです。

 

油汚れ、つまり食事に関係するものに対してスチームクリーナーを使用することで、高い効果を期待することができるのです。

 

洗剤を使用すればもちろん汚れは落ちますが、後片付けのことを考えるとシンクやレンジフードといったものに対して使うのはなかなか勇気がいるものです。

 

しかしチームクリーナーであれば水を使用していますので、後片付けも楽です。

 

何より汚れに吹きかけることによって、浮き上がらせますので、洗剤よりも高い効果を期待することができるのです。

 

また換気扇のフィルターに対しても効果的です。

 

一度ではなかなか落とせないような汚れに対しても、高温のスチームを吹きかけることによって汚れをしっかりと落とすことができます。

 

浴室においては汚れに対してスチームを照射させてから、洗剤を使用することで、汚れをさらに効果的に落とすことができるのです。

 

 

話題のスチームクリーナースチームファーストでお掃除をラクにしよう!

 

スチームクリーナーをお探しの方。

 

キャニスタータイプのスチームファーストはもうチェックしてみましたか?

 

スチームファーストはあまりの人気にオンラインストアでも一時期品切れになってしまったほどの実力商品です。

 

スチームクリーナーにはキャニスタータイプ、ハンディタイプ、モップタイプと色々な種類のスチームクリーナーがありますが、連続使用時間はキャニスタータイプがダントツの長さを誇ります。

 

ハンディタイプやモップタイプの場合、通常5?10分ですが、スチームファーストなら30?45分と長時間使用することが可能!

 

つまり、キャニスタータイプのスチームファーストなら頻繁に水の補給をする必要がなくなる訳ですね。

 

また、キャニスタータイプの場合、掃除中はホースとノズルだけを動かせば良いので扱いがとってもラクチンなんです♪

 

ハンディタイプやモップタイプのように本体ごと持ったり動かす必要がないのは、お掃除の負担減にも繋がるはずですよ!

 

スチームファーストには付属品が12種類ついているので、フローリングや畳の掃除はもちろん、キッチンレンジ、お風呂場のタイル、窓のサッシレール、クルマのフロントガラスなどなど様々な場所の汚れに対応できます。

 

スチームククリーナーを選ぶなら、付属品充実のキャニスタータイプスチームファーストを是非選択肢のひとつにチョイスしてみてください!