スチームクリーナーで鏡もピカピカ!

スチームクリーナーで鏡もピカピカ!

 

鏡の掃除は意外と苦労します。なぜなら、水垢が中々落ちないからです。そのため、どんなにスポンジと洗剤でツルツルに磨いても、よく見ると白く濁っているんですね。それにしても、単なる水が原因の水垢なのに、なぜここまで落ちないのでしょうか?

 

調べたところ、水分中のミネラルの1つであるケイ素は、鏡を構成する物質でもあるため、合わさると強く結合してしまうみたいです。つまり、鏡に強くへばり付くため、普通に掃除するようにスポンジで擦った程度では落ちないということです。

 

しかも、あまりゴシゴシ擦るとその摩擦のせいで、鏡に細かい傷を付けかねないのだとか。では、もっと簡単かつ安全に鏡を掃除すう方法はないのでしょうか?調べてみると、意外なことにスチームクリーナーがヒットしました。スチームクリーナーと言えば、油汚れやカビ汚れを落とすために使うイメージが強いですが、水垢にも有効だそうです。

 

なんでも、約100度にも達する高温蒸気が、鏡と強く結びついてしまっている水垢も、瞬く間に浮かせてくれるとかで。そのため、スポンジと洗剤だけでやるよりも簡単に、尚且つ素材に負担をかけることなく水垢を除去でき、新品のように鏡がピカピカに生き返るそうです。

 

 

スチームクリーナーで鏡のうろこ汚れも! スチームクリーナー 鏡 うろこ

 

鏡がどんなに掃除しても、白っぽく濁っている。そうした悩みの声は、ネット上でも多々見かけます。具体的には、白いうろこのような形の汚れが、鏡全体にびっしりできてしまっているんですね。こうしたうろこ汚れは、水垢が原因みたいです。では、単なる水の汚れなのに、なぜここまで掃除するのが大変なのでしょうか?

 

それは、水分中のケイ素と、鏡を構成するケイ素とが、強く結び付いているからです。だから、擦った程度では全然落ちないそうです。まさか、水分の構成要素と、鏡の構成要素とが共通しているとは思いませんでした。しかし、白く濁っている鏡が、物を映すという鏡本来の機能を果たせる訳がありません。

 

そこで、鏡からうろこ汚れを除去できる方法を探してみたところ、スチームクリーナーがヒットしました。蒸気は元々が水ですから、逆にうろこ汚れを増やすだけのようにも思えましたが、実際は、その蒸気は約100度にも達する超高温なため、頑固にこびり付いたうろこ汚れもすいすい浮かせてくれるそうです。

 

また、高温蒸気は洗剤の効果も倍増させるため、予め洗剤を塗布しておくとより確実とのことでした。これなら、洗剤とスポンジで頑張って擦り落とすよりも、格段に楽ですね。

 

 

スチームクリーナーで鏡のウロコ汚れも落ちる? スチームクリーナー 鏡 ウロコ

 

鏡のウロコ汚れは、本当に厄介みたいです。スポンジと洗剤で擦ったところで、まず落ちないそうですから。そうかと言って、ウロコ汚れを放置しておこうものなら、鏡は終始白っぽく濁っているせいで、見た目も良くないですし、何より物を映すという鏡本来の機能が果たされません。

 

では、鏡のウロコ汚れを落とすには、どうすれば良いのでしょうか?とにかく頑張って落ちるまで擦るしか無いようにも思えますが、それだと鏡の素材に摩擦で傷を付けてしまうそうです。そこで、もっと簡単かつ鏡に負担をかけずに掃除できる方法を探してみたところ、スチームクリーナーが良いと分かりました。

 

ウロコ汚れは水垢が原因だそうですから、水から作った蒸気を使うスチームクリーナーなんて、逆効果なのではないでしょうか?個人的にはその点が心配だったのですが、実際は、スチームクリーナーの蒸気は約100度ととても熱いため、鏡にへばり付いた水垢もスイスイと浮かせてくれるため、後はさっと拭う程度で十分とのことでした。

 

そのため、洗剤だけに頼る場合よりも、格段に早く尚且つ鏡に負担をかけず、ウロコ汚れが除去できるそうです。スチームクリーナーと言えば、カビ汚れが油汚れに使うイメージだったので、これは意外でした。

 

 

スチームクリーナーで鏡の水垢も楽々! スチームクリーナー 鏡 水垢

 

鏡の掃除は、意外と大変だと思います。なぜなら、普通に洗剤を使ってスポンジで擦って、水で流して乾拭きしただけでは、綺麗にならないからです。具体的には、触ってみてベタベタしているとかではないのですが、よく見ると白く濁っているとかで。これが所謂、水垢です。

 

厄介なことに、水垢というのは擦るだけではまず落ちないそうです。なぜなら、水垢というのは水分中のミネラルが結晶化したものだからです。詳しく言うと、ミネラルの中のケイ素は、鏡を構成する物質でもあるため、頑固に鏡にへばり付いてしまうのだとか。だから、どんなに頑張って擦っても中々落ちないんですね。

 

しかも、あまり擦り過ぎるとその摩擦により鏡の素材を傷付けかねないそうです。では、どんな掃除方法なら水垢を除去できるのかと言うと…意外にも、スチームクリーナーがヒットしました。なんでも、スチームクリーナーから出る約100度の高温蒸気は、鏡と強固に結びついた水垢も浮かせてくれるとかで。

 

また、高温蒸気には洗剤の洗浄力を倍増させる効果もあるため、予め鏡に洗剤を塗布しておくとより確実とのことでした。スチームクリーナーで落とせるのって、油汚れやカビ汚れだけではないんですね。

 

 

スチームクリーナーで水垢も楽々! スチームクリーナー 水垢

 

お風呂場や台所のシンクなどの水場の掃除をする際に、水垢に悩まされる人は多いそうです。洗剤とスポンジを使ってある程度擦れば、表面はサラサラになりますが、どうしても水垢の白っぽい汚れは落ちないとかで。せっかく綺麗に洗っても、あの白っぽい濁りが残っていたら、あまり掃除した気になれませんよね。

 

しかし、単なる水が原料だと言うのに、なぜ水垢は落ちにくいのでしょうか?調べたところ、濡れたり乾いたりを繰り返すという、水場の特性が大きく関係していると分かりました。詳しく言うと、水分中に含まれている、カルキやカルシウム、マグネシウムといったミネラル成分は、濡れた状態と乾いた状態を繰り返すことで、どんどん頑固化してしまうのだとか。

 

では、そんな厄介な水垢を落とすには、どうすれば良いのでしょうか?意外にも使えるのが、スチームクリーナーだそうです。元は水分である蒸気をかけようものなら、逆に水垢を悪化させるようにも思えますが、実際とても水垢を落としやすくしてくれるみたいです。

 

なぜなら、約100度もする高温蒸気が、頑固化した水垢を瞬く間に浮かせてくれるからです。そのため、摩擦によって素材を傷付けること無く、後は拭くだけでピカピカになるそうです。

 

 

スチームクリーナーで浴室の鏡もピカピカ! スチームクリーナー 浴室 鏡

浴室の鏡を、掃除がてら入浴後にお湯でさっと流すようにしている人は多いと思います。確かに、シャンプーとかボディソープの泡とかが残っていたら、汚れの原因になりそうですからね。しかし、そのように水で流したところで、鏡の掃除にはならないそうです。寧ろ、汚れを加速させてしまうのだとか。

 

なぜなら、お湯でも水でも鏡に水分が付着すると、水垢の原因となるからです。鏡をよく見ると分かる、白くてウロコ状の汚れですね。あれは、水分中のミネラル成分であるケイ素が、鏡を構成するケイ素と強く結びつくことで生じる汚れのため、頑張ってスポンジと洗剤等で擦っても中々落ちないそうです。

 

しかも、あまり擦ろうものなら、鏡に傷が付きかねません。そこで、時間も労力もかからず、尚且つ鏡の素材にも優しく、水垢を除去できる方法があります。

 

それは、スチームクリーナー

 

なんでも、100度近くもする高温の蒸気は、どんな汚れも浮かせてくれるため、水垢部分に使うと後は少し擦る程度でピカピカになるそうです。

 

つまり、簡単かつ鏡を傷付けること無く水垢を除去できるんですね。ただし、蒸気も一部は水分に戻る関係上、再び水垢が発生しないようスチームクリーナーを使った後は、念入りに水滴を取り除いて乾拭きすべきみたいです。

 

 

スチームクリーナーで鏡もピカピカ!記事一覧