役立つ掃除アイテム

役立つ掃除アイテム・スチームクリーナー

 

古民家再生と町づくりの需要と苦労

 

昨今、古い町並みや景観を維持したまま新しい町づくりを始める...といった地域活動が、各地で活発化しています。

 

同様に、長い間放置されたままの古い住宅を自らの力でプチリフォームして再活用する...といった傾向も増加してきているように感じます。

 

時代が新しいものを生み出し続ける一方、歴史的なものに価値を見出す人達は跡を絶ちません。

 

日頃新しいものに囲まれて暮らしているからこそ、古いものに触れてみたくなる気持ちは誰にでもあるものなのでしょう。

 

時間を経たからこそ得られる価値に目を向け、それをただ見るだけでなく世に送り出そうとする行いは、大変に素晴らしいことだと思います。

 

 

自然に囲まれた環境でその地域に根づいた家に住まい、時間の流れをのんびりと感じながら自給自足で生きていく...というセカンドライフを選択する人達も増えてきています。

 

市町村としては、空き家ばかりとなった地域の活性化を実現させる上で、こうした傾向があることは非常に望ましいことだろうと思います。

 

またそうした人達に、この場所に住みたい!ここで何かをしてみたい!と思ってもらえるような地域環境を整えていくための町づくりは、今や各市町村にとって不可欠となっているのかもしれません。

 

ただ、いざ古民家を再生させよう!と思っても、そう簡単には事が進まないのも事実です。

 

どんなこともそうですが、何かを始めるにはそれ相応の予算や人手が必要となります。

 

例えば、長期間放置されていた住宅の掃除というものは本当に手間がかかるもので、いざ手をつけてみてから、ここまで時間と人員が必要になるとは思わなかった...といった自体になることも決して珍しくはありません。

 

 

このサイトでは、そんな古民家再生や地域の美化活動にも役立つであろう掃除アイテムについてご紹介していきたいと思います。

 

 

スチームクリーナーを活用する

 

掃除は、やろうと思えば誰にだってできること!...ではありますが、長期間放置されていた家の汚れというものは、素人ではそう簡単に対処できるものではありません。

 

長い間誰も生活をしていなかった住居の掃除ともなれば、想像していたお手入れでは到底足りないような頑固汚れや、塵や埃とも格闘することになります。

 

普通の掃除なら十分に役立つ市販の掃除アイテムも、相当な時間と根気がなければ、相応の力を発揮してはくれません。

 

 

ましてや古民家ともなれば、窓や天井、階段といった場所の掃除も、現代の一般家庭同様に...といった訳にはいかない部分も出てくるでしょう。

 

また、やるべきことが増えれば、それなりの人員も必要となってくるもの。

 

そうなると古民家再生自体、なかなか前に進まない自体にもなりかねません。

 

 

古民家は再生させたいけれど人員不足に困っている、出来る限り負担は軽減させたい...といったことであれば、一度目を向けて欲しいのがスチームクリーナーといった最新掃除アイテムです。

 

現代が生んだ掃除アイテムが古き良き日本の住居掃除に適しているの?といった疑問をもつ方もいるかもしれませんが、スチームクリーナーは長い間放置されていた古民家を蘇らせる上で、非常に役立つ掃除アイテムとなってくれます。

 

また古民家再生に限らず,地域で利用する公共施設の掃除などにも力を発揮しますので、住み良い町づくりの一環として、地域に1台はスチームクリーナーを準備されてみることをお勧めします。

 

 

 

スチームクリーナーの種類と欠点

 

スチームクリーナーは何も古民家再生に不可欠な製品!という訳ではありません。

 

ですが古民家を再生させる上で、スチームクリーナーがあれば助かるのに!といった場面はきっと幾つも存在します。

 

 

ただ、一言にスチームクリーナーといっても、ハンディタイプにモップタイプなどの種類が存在するもの。

 

いずれも便利なアイテムではあるのですが、それぞれに得意とする用途がありますので、使い道を間違えて買ってしまうと、買って損をした!ということになりかねません。

 

購入を検討する際は、どういった場面においてスチームクリーナーを使いたいのか、どのような使い方をしたいのか、よく考えた上でタイプ選択することが重要です。

 

 

古民家再生といったことから考えれば、例えばハンディタイプのスチームクリーナーだった場合、細かな箇所の掃除には役立つものの、

 

本体の重量は全て使い手が抱えることになりますので、高さがあり腕を伸ばして使うような場面での操作には不便さを感じることがあるでしょう。

 

 

また、水を何度も補給しなければならない点でも、時間のかかる大掛かりな掃除にはあまり向いているとは言えません。

 

 

ではモップタイプはどうかと言えば、窓や小物などの掃除には使えませんので、用途は床掃除などに限定されてしまいます。

 

 

だったらいっそ両タイプのクリーナーを用意すればいいのでは?と思うところですが、公共で使用するのものとなれば予算も問題も出てくるでしょう。

 

また、人員を割けないのであれば、一つのアイテムが複数の役割を果たしてくれるに越したことはないはずです。

 

 

そこで注目したくなるのが、見た目としては掃除機のような形をした、キャニスタータイプのスチームクリーナーです。

 

キャニスタータイプのスチームクリーナーであれば、自分の腕で本体の重量を抱える必要もなく、床掃除も手軽に行うことができます。

 

 

キャニスタータイプのスチームクリーナー選び

 

キャニスタータイプのスチームクリーナというと、ケルヒャーの製品を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

また、スチームクリーナーの存在を知らなかったような方でも、いざ調べてみるとケルヒャー製品が目に止まる機会が多いことに気付くのではないでしょうか。

 

ケルヒャーはジェット水で汚れを吹き飛ばす水圧洗浄機でも有名で、そんなメーカーが出しているスチームクリーナーということでも大変に注目が高い製品となっています。

 

 

ただし、ケルヒャーの製品となるとお値段もそこそこなものとなってしまうもの。

 

一番安いものでも2万円以上、付属品などの豊富に揃えた製品となると4万円近くしてしまうものもあったりと、決して気軽に手を伸ばせる価格帯とは言えません。

 

 

一方、比較的低価格にも関わらず機能面が充実していることで、今ユーザーから支持されている製品も存在します。

 

それがスチームファーストと呼ばれる、キャニスタータイプのスチームクリーナーです。

 

 

スチームファーストは、ハンディタイプやモップタイプでは使い辛くなる面をカバーできるスチームクリーナーとして販売されており、連続使用時間の長さや手元スイッチなど、消費者にとってこれは助かる!といった機能を充実させています。

 

その上、豊富な付属品がセットになって1万7千円台と、ケルヒャーの一番安い製品を下回る価格帯が魅力となり、消費者から人気を集める製品となっているのです。

 

 

見た目やデザイン性で言えばケルヒャーに軍配が上がるのかもしれませんが、掃除道具は何より実用性が重視されるもの。

 

古民家再生など地域で使う道具ともなれば、どんな人でも使いやすいものを備えておきたくなるものですので、機能面が充実している上に低価格が嬉しいスチームファーストの選択をお勧めします。

 

 

 

スチームクリーナーの需要

 

古民家を再生させるといった町づくりは、想像以上に人力を必要とします。

 

また古民家に限らず、長期間使用していなかった住宅を掃除してみると、その汚れを落とすことがどれ程に大変か、どれだけ時間を要することか本当によく分かるかと思います。

 

 

例えばフローリングや人が土足で出入りしていたであろう古い住宅の床などは、何度拭いても簡単には汚れが落ちず、市販のシート状クリーナーや雑巾を使うとなれば、相当の枚数が必要になったりもします。

 

加えて流し台や換気扇、トイレといった水回りはもちろん、窓に天井などにかかる手間も相当なものです。

 

私自身同様の経験があるのですが、掃除を継続しながらも、一体いつ終わるのだろうか...と気力自体がもたないような時もあり、本当に大変な思いをしました。

 

あの時、スチームクリーナーという商品が存在していて、その事実を知って商品購入できていたら、どれだけ楽にまた時間の短縮ができる掃除が出来ていただろうか...と、今でも時々思うことがあります。

 

 

またスチームクリーナーは、単に強力スチームで頑固な汚れを落とすだけでなく、高温スチームによって消毒や脱臭をも可能にできる一石二鳥の掃除アイテムです。

 

古い家屋の空間をもクリーンにできますので、古民家再生となれば、やはり役立つ掃除アイテムには違いないでしょう。

 

 

 

古民家を再生させ、町づくりに繋げていく...といった地域活動は、今後更に需要が高まっていくのではないかと思います。
たとえ今がそうではなかったとしても、今後あなたがもしそういった場面に立ち合うことがあったとしたら、その時は是非スチームクリーナーの存在を思い出し役立てて貰えたら...と思う次第です。