スチームクリーナーで窓サッシもピカピカ!

スチームクリーナーで窓サッシもピカピカ!

 

窓サッシは、寒い時期は本当に汚れやすくなります。結露のせいで水滴が溜まり、気付くとあっという間にカビ汚れで一杯になってしまいますから。おそらく、窓サッシの部分は通気性が良くないというのも、大きく関係しているんだと思います。しかし、窓サッシは幅が狭いですから、普通にスポンジで擦るという訳にもいきません。

 

そのため、歯ブラシ等の細かいブラシで、地道に擦るというのが窓サッシのよくある掃除方法みたいです。しかし、実はこの掃除方法も良くないそうです。なぜなら、ブラシの摩擦のせいで、窓サッシの素材に目には見えませんが細かい傷がつく関係上、次からカビ汚れが更に落ちにくくなるからです。

 

そこで、もっと簡単かつ安全に窓サッシのカビ汚れを除去できるグッズがあります。それは、スチームクリーナー。水から作って蒸気なんて使おうものなら、湿気を格好の餌とするカビ汚れを逆に増長させるようにも思えますが、実際はその蒸気は約100度にも達する超高温のため、スイスイと浮かせてくれるそうです。

 

また、超高温の蒸気はほとんど水に戻らず、噴射した後もすぐ乾いてサラサラになるみたいです。そのため、面倒と言われる窓サッシのカビ汚れも、擦らず簡単に落とせるとのことでした。

 

 

スチームクリーナーで窓掃除も楽々! スチームクリーナー 窓掃除

窓掃除をするとなると、水垢に苦戦すると思います。どんなに洗剤を塗って綺麗に磨いて、表面がツルツルになっても、水垢のせいでよく見ると結局は白く濁っていますから。しかし、なぜ洗剤で綺麗に磨いているのに、水垢は無くならないのでしょうか?

 

調べたところ、水垢の成分が大きく関係していると分かりました。正確には、水垢の中には鏡の構成成分でもあるケイ素が含まれているそうです。そのため、鏡の方のケイ素と強く結びついてしまうため、1回付着すると中々落ちないのだとか。では、そんな厄介な水垢を除去するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

意外にも、スチームクリーナーが使えるみたいです。最初は、水から作った蒸気を使うスチームクリーナーでは、水垢を悪化させるだけではと心配になりましたが、実際その効果は抜群だそうです。なぜなら、スチームクリーナーから出る蒸気は約100度と高温なため、鏡に強くこびり付いた水垢もスイスイ浮かせてくれるからです。

 

おかげで、後は軽く乾拭きする程度で水垢も十分除去できるとのことでした。これなら、ゴシゴシ擦らなくて良い分時間も手間もかかりませんし、摩擦のせいでガラス素材に傷を付ける心配も無いですから良いですね。

 

 

窓拭きの前にスチームクリーナーを使うと… スチームクリーナー 窓拭き

 

窓拭きをすると確かに表面はツルツルになりますが、思った
程窓の透明性は改善されません。なぜなら、水垢の白っぽい汚れのせいで、よく見ると窓の至る部分が濁って見えるからです。なぜ、拭いているのに水垢がとれないのでしょうか?どうやら、水垢と鏡の構成成分が関係しているみたいです。

 

具体的には、水垢の原因となる雨等の水分には、ミネラルとしてケイ素が含まれています。一方、鏡もケイ素を構成成分としています。そのため、窓に付着した水分中のケイ素と、鏡の中のケイ素とが強く結合してしまうため、普通に窓拭きをする程度ではまず除去できないのだとか。

 

そうかと言って、落ちるまで頑張ろうものなら、今度は摩擦のせいで窓に傷が付きかねません。そこで、もっと簡単かつ安全に水垢を除去する方法があります。それは、スチームクリーナー。なんでも、約100度にも達する高温蒸気が、窓ガラスに付着した水垢もどんどん浮かせてくれるそうです。

 

そのため、スチームクリーナーを使った後に窓拭きをすれば、使わなかった場合とは比べものにならないほど、格段に水垢も簡単に落ちるみたいです。また、スチームクリーナーの高温蒸気は洗剤の威力も高めるため、予め洗剤を塗布しておけばより確実とのことでした。

 

 

スチームクリーナーでガラス掃除!? スチームクリーナー ガラス

 

ガラス掃除と言えば、拭き掃除が一般的だと思います。しかし、その拭き掃除だけで落ちないガラスの汚れもあります。それが、水垢。ガラスに顔を近付けるとよく見える、白い斑点状の汚れですね。どんなに綺麗に掃除しても、あれがあるだけでガラスが濁って見えてしまいますから台無しだと思います。

 

しかし、拭いているのになぜ水垢は落ちないのでしょうか?どうやら、水垢は単なる水の汚れとは違うそうです。具体的には、水垢は水分中のマグネシウム、ケイ素、カルシウムと言ってミネラル要素が、濡れたり乾いたりを繰り返して頑固化した汚れのため、拭く程度ではまず除去できないみたいです。

 

そうかと言って、擦ろうものなら今度はガラスに傷を付けてしまいます。そこで、もっと簡単かつ安全に水垢を除去できるグッズがあります。それは、スチームクリーナー。なんでも、100度近くまで達する高温の蒸気が、ガラスにこびり付いたミネラル成分もスイスイと浮かせてくれるそうです。

 

そのため、後はさっと拭く程度でガラスが新品のようにピカピカになるみたいです。スチームクリーナーは、カビ汚れや油汚れの掃除に使うイメージだったので、こんな風にガラス掃除にまで有効とは意外でした。

 

 

スチームクリーナーはガラスのウロコ汚れにも! スチームクリーナー ガラス ウロコ

 

ガラス掃除は布で拭くのが一般的ですが、それだと落ちない汚れもあります。具体的には、水垢が原因のウロコ汚れです。洗剤を使ってもスポンジで擦っても落ちないため、諦めて放置している家庭も多いそうです。しかし、ウロコ汚れがあると無いとでは、ガラスの透明性にかなりの差が出るため、できるなら除去したいところです。

 

そもそも、なぜウロコ汚れはそこまで落ちにくいのでしょうか?それは、水分に含まれていたケイ素が、ガラスを構成しているケイ素と強固に結び付いているからです。だから、洗剤を使っても普通の汚れのようには落ちないんですね。そうかと言って、落ちるまで擦ろうものなら、摩擦でガラスに細かい傷がつきかねません。

 

そこで使えるのが、スチームクリーナーみたいです。なぜなら、スチームクリーナーから出る約100度の超高温蒸気は、どんなこびり付いた汚れも瞬く間に浮かせてくれるからです。そのため、スチームクリーナーをウロコ汚れの部分にかけてから拭き掃除をするだけで、格段にガラスの透明性が甦るそうです。

 

これなら、単純に拭き掃除で頑張るより時間も手間もかかりませんし、擦らないで済む分ガラスを傷付けずに済みますから至れり尽くせりですね。

 

 

 

サッシ掃除にはスチームクリーナー! サッシ スチームクリーナー サッシ

サッシのカビ汚れで苦労する人は、多いと思います。サッシはとても幅が狭い関係上、普通にスポンジを使うことが難しく、歯ブラシ等で地道に頑張るしかありませんから。しかし、そのような摩擦でサッシのカビ掃除をするのも、好ましくないそうです。なぜなら、摩擦のせいでサッシの素材に細かい傷がつくからです。

 

具体的には、そうした細かい傷がつくせいで、次にカビが生えた時はその隙間にも入り込む関係上、短期間で頑固化してしまうんですね。しかも、それを落とすために、また一生懸命擦り、更に傷がついてと、悪循環に陥ることになります。そこで、サッシ素材を傷つけず、尚且つ確実にカビを除去できる掃除方法を探してみました。

 

すると、スチームクリーナーが使えると分かりました。個人的には、蒸気を当てようものならカビを逆に繁殖させかねないようにも思えましたが、実際その効果は確かみたいです。なぜなら、約100度にも達する高温の蒸気が、どんな狭い隙間に入り込んだ頑固なカビ汚れも、瞬く間に浮かせてくれるからです。

 

そのため、後はさっと水で洗い流すか、雑巾で拭くだけで綺麗になるそうです。ただし、蒸気の一部は噴射後に水へと戻るため、掃除後は換気を徹底すべきとのことでした。

 

 

スチームクリーナーでサッシのカビも楽々! スチームクリーナー サッシ カビ

 

サッシにカビが溜まると、落とすのにかなり苦労します。サッシはとても幅が狭い関係上、スポンジでゴシゴシ擦るという一般的な掃除方法がとれませんから。そのため、小さいブラシや使い古した歯ブラシを使い、地道に擦って落として行くというのが、サッシのカビ掃除の典型的方法だそうです。

 

しかし、そうしてブラシでカビを落とすのは、長期的な目線で見るとあまり良くないみたいです。なぜなら、サッシの素材に摩擦で細かい傷をつけるからです。つまり、次にカビが溜まった時には、その細かい傷にまでカビは根を張っているため、より掃除するのに時間がかかるんですね。

 

そこで、サッシのカビ掃除を上記の苦労無く行えるグッズがあります。それが、スチームクリーナー。なんでも、蒸気がどんな細かい隙間にも入り込んで、瞬く間に汚れを浮かせてくれるのだとか。しかも、その蒸気の温度は約100度にも達するため、噴射した後すぐに大半は乾いてサラサラとなる関係上、掃除部分がベシャベシャになることも無いそうです。

 

そのため、サッシのカビも、その素材を傷つけることなく簡単に掃除できるみたいです。ただし、サッシ部分の通気性はあまり良くない関係上、使用後は多少しっとりすることもあるため、終わった後は念のため換気を心掛けた方が良いそうです。

 

 

スチームクリーナーで窓枠に溜まったカビも楽々! スチームクリーナー 窓枠

窓枠は、冬になると結露のせいでカビが溜まりやすくなります。ただでさえ通気性が悪い場所でもありますから。しかし、窓枠はとても幅が狭い関係上、普通にスポンジで擦るといった掃除方法はとれません。そのため、使い古しの歯ブラシ等の細かいブラシで、地道に擦り落とすというのがよくある方法だそうです。

 

しかし、そうした方法で掃除するのは、実はあまり良くないそうです。なぜなら、摩擦のせいで窓枠の素材に細かい傷をつけてしまうからです。つまり、次にカビが溜まった時は、その細かい傷にまで入り込んで根を張っているため、前よりも頑固化しているんですね。しかも、それを落とすために更に擦る必要があるため、悪循環となります。

 

そこで、窓枠の素材を傷つけず、尚且つ簡単にカビ掃除ができるグッズがあります。

 

それが、スチームクリーナー

 

水分から作った蒸気を使おうものなら、逆にカビを増殖させてしまうようにも思えますが、実際はその蒸気が約100度にも達する超高温なため、どんな細かい隙間のカビも瞬く間に浮かせてくれるそうです。

 

そのため、後は軽く布で拭き取るだけで十分とのことでした。これなら、歯ブラシ等で頑張るよりも断然楽で窓枠素材にも優しいですね。

 

スチームクリーナーで窓サッシもピカピカ!記事一覧