スチームクリーナー おすすめ

スチームクリーナーはボイラータイプがおすすめ! 

 

スチームクリーナーは数多くあれど、どれでも良いという訳ではないそうです。実際、ネットで調べてみると、スチームクリーナーを買ったのは良いものの、思ったような成果を得られず、結局は箪笥の肥やしとなってしまっていうケースも多々見付かりました。スチームクリーナーは決して安いものではないですから、これは勿体無いと思います。

 

では、買って失敗というパターンを回避するには、どうすれば良いのでしょうか?どうやら、スチームクリーナーのタイプをチェックするのが手っ取り早いみたいです。具体的には、スチームクリーナーには、ボイラータイプとパネルタイプに分かれるところ、断然前者の方を選ぶべきなのだとか。

 

なぜなら、蒸気の威力がダントツでボイラータイプの方が強いからです。詳しく言うと、ボイラータイプはスチームクリーナー本体内でお湯を沸かすことで、パネルタイプは熱したパネルの上に水を通すことで蒸気を作り出す方法をとっているため、必然と出て来る蒸気の温度に差があるとかで。

 

実際の温度差を調べてみると、ボイラータイプは約100度にまで達する一方、パネルタイプは70~80度までが限界とのことでした。100度と80度では、確かに威力は相当違いそうですね。

 

 

 

スチームクリーナーのボイラータイプとパネルタイプを比較すると? 

 

スチームクリーナーと銘打っているものはどれも同じと思っていると、買ってから痛い目を見るそうです。つまり、思った程汚れが綺麗にならないせいで、箪笥の肥やしになってしまうんですね。スチームクリーナーは、今では色々なメーカーから販売されている関係上、大分価格も下がりましたが決して安いものではありませんから、これは勿体無いです。

 

特に注意した方が良いのは、ボイラータイプかパネルタイプかといった点だそうです。なぜなら、このタイプの違いで、スチームクリーナーのメインである蒸気の威力に、大きな差が出るからです。具体的には、出る蒸気の温度の高さが違うんですね。

 

ボイラータイプは、スチームクリーナー本体内でお湯を沸かす方式をとっているため蒸気の温度は約100度にまで達する一方、パネルタイプは、本体内のパネルの上に水を通すことで温めるという方式である関係上、蒸気の温度は最高でも80度までにしか達しないそうです。

 

また、蒸気の温度は、掃除部分が乾く速さにも直結するため、ボイラータイプだとすぐサラサラになりますが、パネルタイプだと暫くの間は湿ってベタベタしていることも多いみたいです。確かに、これならスチームクリーナーはボイラータイプの方を買った方が良いと言われるのも納得です。

 

 

 

 

スチームクリーナーの蒸気は高温と言うけど… スチームクリーナー 高温

 

スチームクリーナーは高温の蒸気で汚れを瞬く間に浮かせ、擦らなくても簡単に掃除ができるということで有名ですが、実際のところ、蒸気はどれくらいの温度なのでしょうか?調べたところ、タイプによってバラつきがあると分かりました。具体的には、ボイラータイプだと約100度、パネルタイプだと70~80度とのことでした。

 

同じスチームクリーナーなのに、なぜ蒸気の温度に差が出るのでしょうか?どうやら、ボイラータイプとパネルタイプとでは、蒸気を作り出す方法が異なるみたいです。詳しく言うと、ボイラータイプはスチームクリーナー本体内で水を沸かすことで、パネルタイプは本体内の熱したパネルの上に水を通すことで、蒸気を出すのだとか。

 

そのため、ボイラータイプの方がパネルタイプよりも、出せる蒸気の温度が高いみたいです。そして、蒸気の温度はスチームクリーナーの威力を表すため、必然とボイラータイプの威力の方が強いということにもなります。確かに、100度と80度とでは全然違いそうですからね。

 

また、蒸気は熱ければ熱い程早く乾くため、ボイラータイプだと掃除した部分がすぐサラサラになる一方、パネル対うだと暫くの間は湿ってジメジメしていて、場合によっては別に乾拭きが必要とのことでした。

 

 

 

 

 

スチームクリーナーは大型のものを! スチームクリーナー 大型

 

スチームクリーナーは、今では色々なメーカーから販売されているため、数え切れない程たくさんの種類があるそうです。中でも増えたのが、小型のスチームクリーナー。少し前までは、掃除機と同じくらいの、大型のスチームクリーナーがほとんどでしたが、最近では片手で楽々持てる小型のものも同じくらいあるそうです。

 

しかし、そうした小型のスチームクリーナーを買って、失敗する人は意外と多いみたいです。なぜなら、小型のスチームクリーナーは、蒸気がたった十数分程度と短い時間しか出ないという形で、威力が低いからです。詳しく言うと、小型の分、水を入れるためのタンクの容量も限られてしまうため、どうしても小まめに水を補充しなければいけないとかで。

 

そのせいで、広い部分の掃除をしようとなると、何回も中断して水を補充して、再び蒸気が出るようになるため待たなければいけない関係上、どうしても掃除は捗らないみたいです。確かに、一か所を掃除するだけの中でも、いちいち小まめに中断されるのは面倒だと思います。

 

これなら、段々と使わなくなっていくのも頷けます。そのため、収納スペースに余裕があるなら、スチームクリーナーは大型のものを購入すべきとのことでした。

 

スチームクリーナーは大型がお勧め!? スチームクリーナー お勧め

スチームクリーナーは、今では小型のものが数多く販売されているそうですね。中には、ハンディタイプと言って、片手で持って使えるものもあるとかで。家には既に1台は掃除機がありますから、スチームクリーナーが収納スペースをとらないのはありがたいと思います。

 

しかし、小型のスチームクリーナーを買って失敗したというケースが、ネット上には多々見られます。また、実際のところ、スチームクリーナーはキャニスタータイプという大型のものが、未だに推奨されているそうです。なぜ、わざわざ場所をとる大型のスチームクリーナーが良いのでしょうか?

 

調べたところ、連続して使用できる時間が、小型のスチームクリーナーだととても短いと分かりました。具体的には、精々十数分程度なのだとか。なんでも、小型の分、蒸気を作り出すための水を入れるタンクも小さい関係上、どうしても小まめに給水が必要となってしまうからだそうです。

 

給水してから蒸気が出るまで数分待たなければいけないことも考えると、これでは確かに掃除が捗りませんね。そのため、本当に限られた狭い部分だけを掃除する目的の場合以外は、スチームクリーナーはなるべく大型のものを買った方が良いそうです。

 

 

大型スチームクリーナーの利点とは? スチームクリーナー 利点

スチームクリーナーは、発売当初は大型のものしかなかったそうですね。具体的には、掃除機のような見た目をしたキャニスタータイプに部類されるそうです。そのため、どうしても収納スペースがとられるそうです。となると、家には既に掃除機が少なくとも1台はあることを考えると、ちょっと買うのを躊躇ってしまう人もいると思います。

 

そのため、ハンディタイプやモップタイプといった小型のスチームクリーナーが出始めた最近では、そちらの需要が高まりつつあるみたいです。確かに、収納スペースをとられず、片手で楽々使えるなら、そちらの方が良いとも思えそうですが、実はスチームクリーナーは大型の方が利点はあるみたいです。

 

なぜなら、小型のスチームクリーナーはコンパクトの分、水を入れるタンクの容量がかなり小さいからです。一方、大型のスチームクリーナーは大きい分、水も1回でたっぷり入れられます。つまり、蒸気を使い続けられる時間が、大型スチームクリーナーの方が長くなっているため、掃除が捗るんですね。

 

そのため、限られた狭い部分を掃除するためだけに使う場合以外は、スチームクリーナーはなるべく大型のものを買うようにした方が無難とのことでした。

 

 

 

熱湯よりもスチームクリーナー! スチームクリーナー 熱湯

 

しつこい油汚れやカビ汚れを落とすために、熱湯を活用する人は多いそうです。確かに、熱湯を使えば、油汚れは溶けて落ちやすくなりますし、カビも熱に弱いですからね。しかし、いちいち熱湯を沸かして汚れにかけるのは地道な作業ですし、汚れの場所によってはそれが思うようにできない場合もありますし、熱湯はかけた側からどんどん冷めていきますから所詮効果は一時的です。

 

そこで、もっと簡単に熱を使って掃除をする方法がないか調べたところ、スチームクリーナーというのがヒットしました。なんでも、水から高温の蒸気を作り出す掃除用具で、それを噴射すると汚れを浮かすことができるそうです。つまり、洗剤単体で頑張るよりも格段に汚れが落ちやすくなるんですね。

 

もちろん、給水タンクに入っていた水が空になるまで、好きに蒸気を噴射できますから、熱湯を使う場合と違っていちいち火傷しないようお湯を小まめにかけるような手間もありません。また、高温の蒸気は射出した後も水分に戻らないため、後で乾拭きする必要も無いそうです。

 

ただし、連続して蒸気を使用できる時間はスチームクリーナー内部の給水タンクの大きさに比例するため、スチームクリーナーを購入するならなるべく大型のものにした方が無難とのことでした。

スチームクリーナーはボイラータイプがおすすめ!記事一覧

スチームクリーナーで胃腸炎予防になるかな?娘の学校で胃腸炎が流行り出しました。毎年この時期は必ずといっていいほどですね。...

スチームクリーナーでペットの粗相もOKペットと暮らしていると、部屋が色々と汚れてしまいます。体調が悪くて嘔吐することもあ...