menu

スチームクリーナーの良い点と悪い点

給水ストレスが少ないスチームファースト

スチームクリーナーのスチームファーストは、給水タンク容量が他の種類のスチームクリーナーよりも多いため、使用時間が長くて便利だと評判です。スチームクリーナーは高温の蒸気を高圧で噴射し、こびりついた油汚れなどを素早く落とす家電で、人気が高まっています。

ただ連続噴射時間が3分から5分と短く、その後は再び給水しなくてはならないのが難点とされてきました。このスチームファーストは、連続噴射時間が45分とたいへん長くなっており、給水を繰り返さなくてもいいのが大きなメリットとなっています。

スチームクリーナーの場合、給水と言ってもただ水をつぎ足せば済むというわけではありません。高温の蒸気を出していた場所である給水タンクを開けるわけですから、安全な温度に下がるまで、十分に冷まさなければなりません。

それまで10分ほどは待つ必要があります。年末の大掃除などでガスレンジ回りの油汚れを落とそうとしているときに、3分から5分ほどで中断というのはストレスになります。このスチームファーストを使えば、45分も連続して使えるわけですから、そのストレスからもだいぶ解放されそうです。

換気扇の掃除なら、スチームファーストを使えばだいたい15分程度で終わることが多いようです。さらにガスレンジ回りの壁やガスレンジ本体の油汚れも落とすとして、およそ15分ほど利用します。

その後キッチンの他の部分を掃除をするとしても、45分蒸気が使える状態であれば、十分間に合いそうです。スチームファーストなら1回の給水だけで、キッチンすべてが掃除できる可能性が高いです。

キッチンの掃除を中断して、新たな蒸気が使えるようになるまで他の部屋の掃除をするというのも面倒ですから、スチームファーストを利用し、一気に片付けたいものです。

給水タンクの容量が多めであるため、本体は重いですが、掃除中は本体を持ち上げる必要もないため、特に扱いにくいということもないようです。


アーカイブ