menu

スチームクリーナーの良い点と悪い点

スチームクリーナーでのガラス掃除の注意点 

スチームクリーナーは、フローリングやキッチン、お風呂だけでなく、ガラスの掃除にも使えるそうです。従来のガラス掃除の方法と言えば、洗剤をつけて後はひたすら擦るという、かなり労力のかかる原始的なものだったので、これは助かります。しかも、洗浄だけでなく、除菌や防菌もできるため、結露の激しいこれからの寒い時期は特に良いのだとか。

しかし、スチームクリーナーでガラス掃除をする場合は、ちょっと注意した方が良い点もあるそうです。なんでも、ガラスにヒビが入ってしまうことがあるらしくて。もちろん、スチームクリーナーのノズルを、間違ってぶつけてしまったからという理由ではなく、です。

 

これは一体どういうことなのかと言うと…どうも温度差が原因みたいです。気温が低いせいで冷えているガラスに、高温の蒸気を当ててしまうのがいけないんですね。確かに、スチームクリーナーから出る蒸気は、正しく使っていれば100度くらいですから、ものすごい温度差でガラスに負担がかかるのも頷けます。

 

そのため、スチームクリーナーでガラス掃除をする場合は、朝や夜など、温度の低い時間帯ではなく、ガラスに日の当たっている昼間の時間帯を選ぶべきとのことでした。

 

シャークスチームポータブルというのはどんなものかご存知でしょうか。

シャークスチームモップとポータブルとの違いというのはどのようなものがあるのでしょうか。

シャークスチームシリーズというのは非常に人気がありますが、掃除をしたいと思っている場所がフローリング、畳のような広範囲の場所であればシャークスチームモップがおすすめです。

シャークスチームポータブルであってもフローリング、畳を掃除をすることはできますが、ポータブルタイプを使用して床面を広範囲全体を掃除するとかなり大変になります。
そのため、掃除をする場所によってそれぞれ異なるものを使用して掃除するようにしましょう。

広い範囲はポータブルタイプはおすすめできません。
そしてその一方で、シャークスチームポータブルというのは、ガスコンロのような細かい部分を掃除するのであれば、このポータブルタイプがおすすめです。

また、窓ガラスのようなシャークスチームモップではななかなか掃除しにくい、という所を掃除するのであれば、ポータブルタイプが絶対的に有利です。

また、シャークスチームポータブルというのは、スチームアイロンのような使い方ができるアタッチメントもありますので、是非試してみてはどうでしょうか。

シャークの製品はスチームクリーナー通販でネット上で購入可能です。

 

小型のスチームクリーナーは使いやすい?

スチームクリーナーと言えば、掃除機のような形をしているイメージが強いと思います。実際、最初の頃のスチームクリーナーは、そうしたキャニスタータイプのものが主流だったそうですから。しかし、今はモップタイプやハンディタイプと言った、片手で楽々使える小型のスチームクリーナーも数多く販売されているみたいです。

 

そのため、家にはもう掃除機があるためあまり収納スペースをとりたくないからと、小型のスチームクリーナーを購入する人も多いと聞きます。しかし、小型なら使いやすいのかと言うと、実際はそうじゃないみたいです。寧ろ、購入して失敗だったというケースは、小型のスチームクリーナーの方がよく見かけます。

 

では、なぜ小型のスチームクリーナーは使いにくいのでしょうか?調べたところ、蒸気を連続して使用できる時間がとても短いと分かりました。具体的には、良くてたった十数分程度とかで。そのせいで、ちょっとでも広い場所を掃除しようものなら、小まめに給水をしなければいけない関係上、時間がかかるみたいです。

 

確かに、これではせっかくのスチームクリーナーでも、掃除は中々捗りませんね。そのため、スチームクリーナーは、できるだけ大型のものを購入した方が無難とのことでした。

 


アーカイブ