スチームクリーナー カビ

スチームクリーナーでカビも楽々除去!

 

カビ汚れは、目に見えて汚いだけでなく、除去するにもかなり手間がかかりますよね。洗剤を垂らしてスポンジでゴシゴシ擦るというのを、何回にも渡り繰り返さなければいけませんから。

 

しかも、そうすることで猶更、どんどんカビ汚れを再発させやすくなっているそうです。

 

なんでも、ゴシゴシ擦ったことで素材に細かい傷がつき、またそこにカビが繁殖しやすくなるとかで。

 

また、洗剤が素材の中に染み込んで、素材自体が脆くなるケースも確認されているみたいです。となると、カビ掃除は、ゴシゴシ擦って落とすという方向ではダメだと思います。

 

そこで、カビ汚れをもっと楽に尚且つ安全に除去できる方法を探してみたところ、スチームクリーナーが使えると分かりました。なんでも、100度近い高温の蒸気によって、しつこいカビ汚れも浮かせられるそうです。

 

そのため、スチームクリーナーで蒸気をかけた後は、簡単に拭うだけで済むとかで。

 

つまり、擦るのではなく拭くだけで良いため、素材に傷等をつけて負担をかけることもありません。

 

また、蒸気だけで落ちない場合でも、洗剤との合わせ技で行けばまず綺麗になるそうです。まさか、カビをほぼ蒸気だけで綺麗にする方法があるとは思いませんでした。

 

 

スチームクリーナーはカビ取りに最適!

 

 

カビというのは本当に面倒です。お風呂や窓枠の隙間と、どこに発生した場合もとにかく落ちにくいですから。そのため、スポンジやタワシでゴシゴシ擦らなければいけませんが、実はそのような掃除方法もNGみたいです。

 

なぜなら、擦れば確かにカビは落ちますが、それによって細かい傷が素材についてしまう関係上、カビがどんどん根を張りやすくなるからです。

 

では、素材に負担をかけずにカビ取りをする方法はないのでしょうか?調べたところ、スチームクリーナーが良いと分かりました。

 

しかし、スチームクリーナーは、蒸気によって汚れを落とす掃除機器と聞きます。となると、湿気を格好の増殖材料とするカビにとっては、まったくの逆効果ではないでしょうか?

 

個人的にはそうしたマイナスイメージだったのですが、実際のところ、スチームクリーナーはカビ取りに最適とのことでした。

 

なぜなら、スチームクリーナーから出る高温の蒸気は、素材に根付いた頑固なカビ汚れを浮かすことで、格段に除去しやすくしてくれるからです。

 

そのため、スチームクリーナーで蒸気を当てた後は、さっと拭うだけで大抵は落ちるため、スポンジやタワシでゴシゴシ擦る必要は皆無だそうです。これなら、カビ取りにかかる労力は格段に減りますね。

 

 

 

 

スチームクリーナーはしつこい黒カビにも! スチームクリーナー 黒カビ

 

しつこい黒カビ汚れには、本当に骨が折れます。見た目がとても汚いですし、落ちるまでとにかく擦らなければいけませんから。

 

しかし、そのように摩擦で落とすという掃除方法は、黒カビには良くないみたいです。なぜなら、擦る度に素材に細かい傷がついて、そこによりカビが根付くようになってしまうからです。

 

つまり、掃除する度にどんどんカビ汚れが落としにくくなっていくんですね。そうは言っても、擦るのではなく拭くというレベルでは、到底黒カビは落ちるものではありません。

 

そこで、素材に傷をつけず、尚且つ擦らずに黒カビを掃除する方法を探してみたところ、スチームクリーナーが良いと分かりました。

 

しかし、スチームクリーナーは蒸気によって汚れを落とす掃除道具ですから、湿気を餌に繁殖するカビには逆効果ではないでしょうか?

 

個人的にはその点が心配でしたが、実際の効果は抜群みたいです。具体的には、高温の蒸気によってカビ汚れが浮くため、後はさっと拭き取る程度で簡単に除去できるとかで。

 

また、予め洗剤を垂らしておくと蒸気の熱で洗浄効果を倍増できるため、より効果的とのことでした。ただし、蒸気による水滴が残っていると再び黒カビをもたらしかねないため、掃除後は乾燥を心がけた方が安全だそうです。

 

 

 

スチームクリーナーで風呂のカビ掃除も楽々! スチームクリーナー 風呂 カビ

 

風呂のカビ掃除は、色々と専用の洗剤が販売されているものの、そう簡単にはいかないそうです。なんでも、風呂場は湿気が溜まる場所である関係上、カビ汚れはどうしても頑固になってしまうそうです。

 

そのため、どんな洗剤を使うにしても、結局はゴシゴシと力を込めてスポンジで擦らなければいけないのだとか。

 

しかし、頑張って擦ってその時は落ちても、実はどんどんカビ汚れは落ちにくくなるみたいです。

 

なぜなら、スポンジの摩擦によって、素材に目では見えない細かい傷がたくさんつくからです。つまり、その細かい傷の隙間にカビが根を張るため、回を追う毎に掃除するのが大変になっていくんです。

 

そこで、もっと良い風呂のカビ掃除方法がないか探してみたところ…スチームクリーナーが使えると分かりました。

 

スチームクリーナーは蒸気を使う掃除用具ですから、カビ汚れには逆効果とも思えそうですが、実際は高温の蒸気がカビ汚れを浮かせてくれるため、後は軽く擦るだけで綺麗にすることができるそうです。

 

つまり、素材に傷をつけず少ない労力で頑固な風呂のカビも除去できるんんですね。

 

ただし、湿りが残ると再びそれがカビの原因となるため、スチームクリーナーを使った後は換気を心がけた方が良いみたいです。

 

 

 

 

スチームクリーナーで浴室のカビも楽々落ちる! スチームクリーナー 浴室 カビ

 

浴室のカビ掃除というのは、人力でやろうものなら本当に大変みたいです。浴室はいくら換気扇がついていても、湿気に晒される機会が毎日のようにある関係上、どうしてもカビ汚れが頑固になりやすいからです。

 

そのため、浴室のカビ掃除を隅々までやると、次の日は腕が筋肉痛になるそうです。

 

しかも、スポンジと洗剤でこすり落とす、という一般的なカビ掃除の方法は、実は間違っているみたいです。

 

なんでも、摩擦によって素材に細かい傷がつくため、その時は綺麗になるため一見大丈夫そうに見えても、次はより深くカビが根を張ってしまうからです。

 

つまり、回を追う毎にどんどんカビ掃除にかかる労力が多くなって行くんですね。では、そうならないためにも、浴室のカビ掃除はどうすれば良いのかと言うと…スチームクリーナーが有効だそうです。

 

なぜなら、スチームクリーナーの高温の蒸気は、頑固なカビ汚れも瞬く間に浮かせてくれるからです。

 

そのため、後はさっと拭うかシャワーを勢い良く当てるなどすれば、簡単に綺麗になるそうです。

 

これなら、素材に負担をかける心配もありませんね。また、高温の蒸気は洗剤の洗浄効果も増大させるため、予め洗剤を塗った上からスチームクリーナーを使うと、より確実とのことでした。

 

 

スチームクリーナーを畳に使うとカビが? スチームクリーナー 畳 カビ

 

畳掃除は、固く絞った雑巾でゴシゴシと擦らなければいけないため、部屋の広さによってはかなり労力と時間を削がれます。

 

そこで、スチームクリーナーが畳掃除にも使えるそうですが、そんなことをして大丈夫なのでしょうか?

 

スチームクリーナーは、蒸気によって汚れを浮かせる掃除用具。そして、その蒸気は水分からできています。となると、そんなもので掃除しようものなら、畳がグッショリと濡れてカビが生えてしまうような気がします。

 

しかし、そうしたリスクがあるのは、パネルタイプのスチームクリーナーに限られるそうです。

 

具体的には、パネルタイプのスチームクリーナーは約80度までしか蒸気の温度が上がらないため、掃除した場所が湿ることも多いみたいです。

 

ただし、ビショビショとまではいかないため、掃除後に換気を心掛ければ大抵は足りるとのことでした。一方、ボイラータイプのスチームクリーナーなら、換気をしなくてもカビの心配は無いそうです。

 

なぜなら、蒸気の温度が約100度にまで達する関係上、蒸気が水分に戻ること無く掃除した場所もすぐサラサラになるからです。

 

そのため、どちらのタイプのスチームクリーナーも問題無く畳掃除に使うことはできますが、ボイラータイプの方が手間もかからず無難みたいです。

 

 

 

スチームクリーナーを壁紙に使ったらカビる? スチームクリーナー 壁紙 カビ

 

壁紙なんて普段は中々掃除しない関係上、いざ掃除するとなると苦戦するパターンが多いそうです。そうかと言って、普段から小まめに掃除というのも無理があります。ハタキを滑らせて埃を落とす程度でも家中となると大変ですから。

 

そのため、大掃除の度に苦労して壁紙を拭くことになるのですが…実はその掃除方法も良くないみたいです。なぜなら、壁紙素材に負担をかけかねないからです。確かに、拭くということは摩擦によって汚れを落とすということですから、壁紙がボロボロになる危険があると思います。

 

そこで、壁紙を守りつつ、簡単に掃除できる意外なグッズがあります。それは、スチームクリーナー。しかし、スチームクリーナーは、水から生成した蒸気を噴射することで汚れを落とす掃除具。となると、逆に壁紙にカビが生えてしまうのではないでしょうか?

 

その点が心配になる人も多いそうですが、実際、スチームクリーナーの蒸気は約100度とかなり高温のため、噴射した後にすぐ乾いてサラサラになるそうです。そのため、特に乾拭きなどは必要無く、汚れの部分を軽く拭うだけで十分とのことでした。ただし、タバコのヤニやクレヨンなどの汚れだと、高温蒸気だけでは厳しいため、適宜洗剤を併用した方が確実みたいです。

 

 

カビ掃除にスチームクリーナーを使うメリットとは? スチームクリーナー メリット

 

カビ掃除にはスチームクリーナーが良いとよく言われますが、実際のところ、そこまでスチームクリーナーに頼るメリットはあるのでしょうか?最近では、カビ掃除専用の洗剤も色々出ていますから、わざわざスチームクリーナーを持ち出さなくても、そうした洗剤を使ってスポンジでゴシゴシ擦るので事足りるとも思えそうです。

 

しかし、実際のところ、洗剤とスポンジという原始的なカビ掃除は、長期的に見るとあまり好ましくないそうです。なぜなら、カビ汚れを逆にどんどん落としにくくしてしまうからです。詳しく言うと、スポンジの摩擦によって素材に細かい傷がつくため、更にカビが根を張りやすくなるとかで。

 

つまり、その時は落ちるから良いものの、回を追う毎にカビ汚れがどんどん落ちにくくなる環境を作り出してしまうんですね。そこで、摩擦によらずカビを落とせるということで、スチームクリーナーが重宝されているそうです。なぜなら、スチームクリーナーの高温蒸気によってカビも浮くため、後はさっと拭う程度で簡単に除去できるからです。

 

また、洗剤を併用すると蒸気の高温で洗浄効果が倍増するため、頑固なカビ汚れも確実に落ちるみたいです。これなら、カビ掃除にスチームクリーナーが良いと言われるのも納得です。

 





>>スチームファーストの4点セットが期間限定で19,980円になりました。
(※日本販売3周年記念ということです。期間は2018年1月10までです。)

スチームクリーナーでカビも楽々除去!記事一覧

スチームクリーナーの種類って?スチームクリーナーというのは大きく分けると3つの種類に分けられます。キャニスタータイプ、ハ...

身体に優しいスチームクリーナースチームクリーナーは高温のスチームを汚れに直接当てることによって、汚れを浮き上がらせる、と...