スチームクリーナー 畳

スチームクリーナーで畳掃除!

 

畳掃除は普段だと掃除機でざっと埃を吸い取るだけで済ませますが、それだと中々綺麗になりません。なぜなら、細かい汚れが畳の目と目の間にたくさん詰まっているからです。そうかと言って、ゴシゴシと雑巾がけをするのも骨の折れる作業です。それに、雑巾もちゃんと絞らないと、逆にカビの原因になってしまいますから。

 

そこで使えるのが、スチームクリーナーだそうです。しかし、スチームクリーナーは蒸気によって掃除をするもの。そして、蒸気は水分で構成されている訳ですから、そんなもので掃除をしようものなら、畳にカビが生えないでしょうか?調べたところ、ボイラータイプのスチームクリーナーなら、そうした心配はまず無いと分かりました。

 

なぜなら、ボイラータイプはクリーナー本体内部でお湯を沸騰させている関係上、蒸気の温度は約100度にまで達するからです。つまり、高温蒸気のため噴射してもすぐ乾いてサラサラになるんですね。そして、その高温蒸気はどんな汚れも瞬く間に浮かせてくれるため、後はさっと拭き取るだけでピカピカになるのだとか。

 

さっと拭くだけで良いなら、一生懸命雑巾がけをするよりも格段に楽ですね。スチームクリーナーと言えば、カビ汚れや油汚れを掃除するものとばかり思っていたので、こんな活用方法があるとは意外でした。

 

 

スチームクリーナーで畳を掃除できるの? スチームクリーナー 掃除 畳

 

畳掃除と言えば雑巾がけというのが、世間では一般的だと思います。なんでも、掃除機をかける程度では畳の目と目の間に詰まった細かい埃は除去できないため、その後に雑巾でゴシゴシ擦らなければいけないそうです。しかも、畳に水分を残すとカビの原因にもなるため、雑巾は固く絞らなければいけません。

 

これでは、一体どれだけの時間と労力がかかるか分かりません。それに、あまり雑巾でゴシゴシ擦っていると、逆に畳の素材を荒れさせてしまう危険もあると聞きます。そこで、もっと簡単に畳を掃除できる方法がないか探してみたところ、スチームクリーナーがヒットしました。

 

スチームクリーナーと言えば、お風呂場のカビ汚れや、台所の油汚れに使うイメージだったので、まさか畳にも有効だとは意外でした。なんでも、スチームクリーナーから出る蒸気が、畳の目に詰まって細かい汚れも浮かせてくれるそうです。おかげで、後はさっと拭うだけで新品のようにピカピカになるとかで。

 

ちなみに、スチームクリーナーから出る蒸気は高温のため、噴射した後はすぐ乾くみたいです。つまり、蒸気が後で水分に戻って畳が濡れて、カビが生える心配も無いんですね。そのため、畳掃除にもスチームクリーナーはもってこいとのことでした。

 

 

スチームクリーナーで畳掃除! スチームクリーナー 畳掃除

 

畳掃除は、普通の床のように掃除機をかえるだけでは足りないそうです。確かに、掃除機をかければ目に見える埃は除去できるのですが、未だ畳の目と目の間に詰まった細かい埃はそのままだからです。そのため、ちゃんと畳を掃除するとなると、固く絞った雑巾で地道にゴシゴシ拭くというのが一般的なのだとか。

 

しかし、それではどれだけ時間と労力が削がれるか分かりません。それに、あまりゴシゴシと擦り過ぎると、今度は畳の素材に傷をつけてボロボロにしまうことにもなります。そこで、もっと簡単かつ畳に優しい掃除方法を探してみたところ、意外にもスチームクリーナーが使えると分かりました。

 

スチームクリーナーと言えば油汚れやカビ汚れというイメージだったので、まさか畳にも使えるとは思いませんでした。なんでも、高温の蒸気が細かい畳の目と目の間にも入って、そこに詰まった汚れを簡単に浮かせてくれるそうです。そのため、後はさっと軽く拭うだけでピカピカになるとのことでした。

 

ただし、スチームクリーナーの蒸気は元々水分である関係上、一か所に集中してかけるとしっとりと濡れることもあるため、後でカビが生えないよう乾燥のため換気を心掛けた方が良いそうです。

 

 

スチームクリーナーは和室掃除にも! スチームクリーナー 和室

 

和室を掃除するとなると、大変なのが畳です。普通に掃除機をかける程度で表面上は綺麗になりますが、実は細かい汚れが畳の目に詰まっているからです。そのため、確実に畳を綺麗にしたい場合は、固く絞った雑巾で念入りに拭くというのが一般的だそうです。少しでも水分を残すと、カビの原因になってしまいますから。

 

しかし、そうなると畳1枚を掃除するだけでも時間がかかりますから、和室全体ともなるとどれ程の労力が削がれるか分かりません。そうかと言って、畳掃除をサボると、早々に劣化を招くことにもなります。しかも、先述した掃除方法も、実は摩擦によって畳素材を傷付けかねないため、万能ではないそうです。

 

そこで、意外と使えるのがスチームクリーナーです。水から作った蒸気で汚れを浮かすスチームクリーナーを使おうものなら、畳をカビさせかねないようにも思えますが、実際そうした危険性は低いそうです。なぜなら、約100度にも達する高温の蒸気は、噴射された後すぐに大半は乾いてサラサラになるからです。

 

そのため、高温蒸気で畳の目に詰まった汚れを浮かせ、布で軽く拭き取った後に換気をすれば十分とのことでした。スチームクリーナーは、お風呂場や台所の掃除によく使うイメージだったので、まさか畳掃除にも使えるとは思いませんでした。

 

 

 

 

濡れないスチームクリーナーとは? スチームクリーナー 濡れない

 

スチームクリーナーで掃除ができたのは良いものの、その場所が濡れてしまったというケースは、一定数あるみたいです。考えてみたら、スチームクリーナーから出る高温蒸気は、水を熱して気化させて作り出すものですから、後で蒸気から水に戻るのも不思議じゃないですよね。特に、狭い場所へ集中的に蒸気を当てた場合は。

 

しかし、スチームクリーナーはどれでもそうなる訳ではないみたいです。となると、後で乾拭きするのは面倒ですから、掃除場所が濡れないで済むスチームクリーナーを選びたいところです。では、そうしたスチームクリーナーを見分けるためには、どういった点に注目すれば良いのでしょうか?

 

調べたところ、蒸気を作り出す方法で簡単に見分けられると分かりました。具体的には、スチームクリーナー本体内のパネルを熱して水を温めて気化させるパネルタイプではなく、沸騰させることで蒸気にするボイラータイプというのを選ぶと良いそうです。

 

なぜなら、パネルタイプだと蒸気の温度は精々80度までしか上がらず、噴射してもすぐ水分に戻ってしまうことが多い一方、ボイラータイプだと約100度にまで達するため、噴射した場所はすぐサラサラになるからです。同じスチームクリーナーでも、意外と違うものなんですね。

 

 

スチームクリーナーで畳掃除!記事一覧

どれがいいのか?スチームクリーナー人気のスチームクリーナー。お持ちでしょうか?友達が買って、かなり良い!と言っているので...

知りたい!浴槽の天井汚れはスチームクリーナーが大活躍普段からお風呂場の床や壁を掃除されている方は多いかと思いますが、天井...