スチームクリーナー 浴室

スチームクリーナーで浴室掃除をしたいなら?

 

浴室掃除は全て人力でやろうものなら、多大な労力がかかるそうです。特に大変なのが、カビ掃除です。浴室は湿気が溜まるため、どうしてもカビ汚れは頑固になりやすいとかで。そのため、綺麗になるまで何度も洗剤をつけたスポンジで、ゴシゴシと擦らなければいけないみたいです。

 

しかし、実はそうした掃除の仕方も拙いみたいです。なぜなら、その時は綺麗になるのですが、長い目で見るとどんどんカビが落ちにくくなってしまうからです。詳しく言うと、スポンジで擦ると素材に細かい傷をつくため、そこにカビは根をより張るようになるんですね。

 

では、素材に傷をつけずに浴室のカビ掃除をするには、どうすれば良いのでしょうか?調べたところ、スチームクリーナーを使えば良いと分かりました。なんでも、高温の蒸気によって頑固なカビ汚れを浮かせてくれるため、後はさっと拭ったりシャワーをかけたりするだけで綺麗になるそうです。

 

これなら、洗剤とスポンジで頑張るのと違って素材に傷はつきませんし、労力も格段に減りますね。ただし、掃除した部分に湿りが残っていると再びカビの原因になるため、終わった後は換気扇をかけたり窓を開けたりするなどして、換気を心がけるべきとのことでした。

 

風呂掃除にはスチームクリーナー! スチームクリーナー 風呂

 

風呂のカビやぬめりの掃除は、なるべく小まめにやっておきたいところです。なぜなら、風呂場は常に湿気が溜まりやすい関係上、短期間でカビもぬめりも頑固化しやすいからです。

 

確かに、頑固化したカビやぬめりは、スポンジと洗剤を使って頑張ってゴシゴシ掃除するしかありませんからね。

 

しかし、実はスポンジを使って小まめに、又はゴシゴシと擦って掃除するのは、実のところ良くないみたいです。なぜなら、素材に細かい傷を付けてしまうからです。

 

つまり、その傷にカビやぬめりが入り込んで、頑張って掃除する度にどんどん汚れが落ちにくくなって行くんです。

 

そのため、風呂掃除は擦るという方法以外でする必要があるそうです。そこで良いのが、スチームクリーナーです。

 

なんでも、高温の蒸気によってカビを浮かせたり、ぬめりを溶かしたりしてくれるとかで。そのため、後はさっと拭ったりシャワーで流したりするだけで綺麗になるみたいです。

 

また、予め洗剤を塗った上からスチームをかけると、熱によって洗剤の洗浄効果が倍増するため、より確実とのことでした。

 

ただし、湿気を残すと再びカビやぬめりの発生原因となるため、終わった後は念のため換気を心掛けた方が良いそうです。

 

 

 

スチームクリーナーでバスタブ掃除も楽々! スチームクリーナー バスタブ

 

バスタブ掃除はしょっちゅうやるものではありませんから、大掃除等の機会にちゃんとしようとなると、意外と骨が折れるそうです。確かに、石鹸カスや垢がこびり付いてしまっていますからね。そのため、スポンジで頑張って擦らなければ落ちないため、終わった後は肩や腕が筋肉痛になっているなんていうこともザラみたいです。

 

しかも、そうしてスポンジで擦って掃除するというのも、実は良くないみたいです。なぜなら、バスタブの素材に細かい傷をつけるからです。目に見えない程度なら良いようにも思えますが、実際のところ、そうした細かい傷に汚れが入り込んでどんどん落ちにくくなるそうです。

 

そのため、なるべく摩擦に頼らず掃除するに越したことは無いのだとか。そこで良いのが、スチームクリーナーです。ただの水から作った蒸気でこびり付いた汚れが落とせるのかと不安にも思えますが、スチームクリーナーから出る約100度にも達する蒸気が、どんな汚れも瞬く間に浮かせてくれるみたいです。

 

おかげで、後は擦らずとも水でさっと流すだけでバスタブもピカピカだそうです。そのため、時間と労力をかけず、尚且つバスタブ素材に負担をかけずに掃除したい場合は、このスチームクリーナーが最適とのことでした。

 

 

バスルームでスチームクリーナーを使うなら? スチームクリーナー バスルーム

 

バスルームのカビ掃除に、スチームクリーナーを使いたいという人は多いそうです。なぜなら、バスルームは入浴という用途の関係上、常に湿っているためカビ汚れも頑固化しやすいからです。確かに、それを洗剤とスポンジを使って地道に擦り落として行くのは、骨の折れる作業だと思います。

 

また、そのような原始的な掃除方法だと、後々良くないみたいです。なぜなら、スポンジの摩擦によって素材に細かい傷がつくからです。つまり、その細かい傷にカビは根を張るため、どんどんカビ汚れが短期間で頑固化する環境を作り出してしまうことになるんです。

 

そこで、摩擦に頼らないで掃除できるスチームクリーナーは、バスルーム掃除にも重宝されるそうです。しかし、バスルームで使う場合は、どのスチームクリーナーでも良いという訳ではなく、ボイラータイプのものを選ぶべきとのことでした。

 

なぜなら、パネルタイプだと蒸気の熱は80度程度までしか上がらない関係上、掃除した部分に湿り気が残ってしまい、別途掃除後の換気を心がける必要があるからです。その点、ボイラータイプだと蒸気の温度は約100度まで達し、掃除後すぐに乾くため心配要らないそうです。スチームクリーナーならどれも同じという訳ではないんですね。

 

 

 

 

スチームクリーナーで風呂タイルの目地も綺麗に! スチームクリーナー 風呂 目地

 

風呂場がタイル素材という家庭は多いと思います。タイル素材だと水を弾いてくれる関係上、換気扇を長時間作動させずに済みますから。しかし、タイル素材だとカビ汚れの掃除が大変みたいです。具体的には、タイルとタイルの間の目地に、カビ汚れが溜まってしまうと中々落ちないとかで。

 

そのため、洗剤を垂らしてスポンジで頑張って擦るというのが一般的な掃除方法なのですが、実はこの方法も良くないみたいです。なぜなら、擦ればその時は綺麗になるので気になりませんが、スポンジの摩擦によってタイル素材に細かい傷がつき、その傷にカビ汚れが根を張ってしまうからです。

 

つまり、掃除するために頑張って擦れば擦る程、汚れが落ちにくくなるんですね。そこで良いのが、スチームクリーナーだそうです。最初は、カビ汚れに水から作った蒸気など逆効果にも思えましたが、その蒸気の熱が効くみたいです。なんでも、高温の蒸気はどんな頑固なカビ汚れも浮かせてくれるとかで。

 

そのため、洗剤とスポンジで頑張らなくても、スチームクリーナーを使った後はさっと水で流すか拭うだけで済むそうです。ただし、水分を残すと逆にカビ汚れの原因ともなるため、終わった後は換気を十分にすべきとのことでした。

 

 

 

スチームクリーナーでお風呂のカビ掃除も楽々! スチームクリーナー お風呂

 

お風呂のカビ掃除は地味に大変です。湿気のせいで終始湿っているから、ちょっとスポンジで擦ればすぐ除去できるようなイメージですが、実際はそう簡単な話ではありません。湿っていると共に滑ってもいますから、ちゃんとツルツルになるまで結局はかなり力を入れて擦らなければいけませんから。

 

しかし、そのように毎回ゴシゴシ擦っていると、素材に細かい傷がついて面倒だそうです。カビがその細かい傷に根付いて、どんどん落ちにくくなっていくそうですから。とは言っても、お風呂はお湯を使う関係上、どうしても湿気によるカビの発生は防げません。

 

そこで、お風呂のカビ掃除を楽に済ませられる方法を探してみたところ、スチームクリーナーというのがヒットしました。スチームクリーナーと言うと、台所のこびりついた油汚れを落とすものというイメージでしたから、お風呂のカビ掃除にも使えるとは意外でした。

 

なんでも、高温の蒸気によってカビを浮かすことで、格段に落としやすくしてくれるのだとか。つまり、スチームクリーナーで蒸気を当てた後は、さっと拭う程度でカビが落ちるため、力を入れてスポンジでゴシゴシこする必要も無いということです。これなら、お風呂のカビ掃除も格段に楽になりますね。

 

 

スチームクリーナーは浴槽の水垢にも! スチームクリーナー 浴槽 水垢

 

浴槽をどんなに磨いたところで、何だか白く濁って見える。そういう経験をした人は多いと思います。では、なぜスポンジと洗剤で一生懸命擦っても、浴槽が白っぽく見えるのでしょうか?どうやら、原因は水垢みたいです。水垢と言うと、鏡でよくある白いウロコ状の汚れがまず浮かびますが、浴槽にも生じるんですね。

 

しかし、水垢は字の通り水が原因の汚れです。それなのに、なぜここまで掃除に苦労するのでしょうか?なんでも、浴槽がその用途の関係上、どうしても濡れたり乾いたりを繰り返すのが原因みたいです。具体的には、水分中のカルシウムやマグネシウム等のミネラルが、そうした繰り返しの過程の中で頑固化し、どんどん浴槽にこびり付いてしまうとかで。

 

では、水垢を除去するにはどうすれば良いのでしょうか?調べたところ、スチームクリーナーが使えると分かりました。スチームクリーナーの出す蒸気も元々は水ですから何だか逆効果のようにも思えますが、その蒸気は約100度にまで達するため、浴槽にへばり付いた水垢も瞬く間に浮かせてくれるみたいです。

 

そのため、後は軽く拭う程度でピカピカになるそうです。これなら、摩擦によって浴槽の素材に傷を付けることも、時間や労力がかかることも無いですね。

 

 

スチームクリーナーでお風呂のぬめり除去! スチームクリーナー ぬめり

 

お風呂のぬめりは、放置しておくと転倒の原因になるため、とても危険だそうです。それに、見た目的にもあまり良くないですよね。しかし、ぬめりの掃除は、言う程簡単ではありません。まず水で流すだけでは落ちない関係上、洗剤をつけたスポンジでかなりゴシゴシ擦らなければいけませんから。

 

ただ、実際のところ、その掃除方法も良くないみたいです。なぜなら、摩擦によってお風呂の素材を傷付けてしまうからです。そのため、次にぬめり汚れが生じた時は、その傷にまで入り込んでいるため、更に落ちにくくなるみたいです。これでは、それを掃除するために更に擦ってまた傷がつきますから、悪循環です。

 

そこで、擦る労力も手間も省けて、お風呂の素材も傷付けずに済む掃除グッズがあります。それが、スチームクリーナー。水で流してもとれないぬめり汚れが、水から作った蒸気を噴射したところで落ちるのか疑問に感じる人も多いと思います。

 

しかし、スチームクリーナーから出る蒸気は約100度にも達するため、頑固なぬめり汚れもすいすいと浮かせてくれるそうです。そのため、スチームクリーナーを使った後は、軽く拭うか水で洗い流すだけで十分とのことでした。ぬめり掃除は時間がかかるものと思っていましたが、スチームクリーナーを使えばあっという間なんですね。

 

 

 

スチームクリーナーで浴室掃除をしたいなら?記事一覧

掃除機の性能に不満ならスチームクリーナーを選ぼう最近では性能の良い掃除機が販売されています。しかし掃除機では除去できない...

スチームクリーナーの満足度は価格と比例しない性能が良いスチームクリーナーと満足度が高いスチームクリーナーは、必ずしも一緒...